パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【壊れたハードディスクドライブを処分する時の注意点】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
壊れたハードディスクドライブを処分する時の注意点
パソコンやRAID、NAS、サーバ、レコーダーなどに搭載されている、
ハードディスクドライブ(ローカルディスク)が老朽化やシステム破損、ヘッド吸着障害
などにより壊れてしまった際に廃棄処分を行う時の注意点について解説していきます。


ハードディスク廃棄前のチェック


まず、HDDとは一応消耗品ですので、物理的に壊れてしまった場合は基本的に修理は
不可能なのですが、システムエラー(論理障害)で使えなくなった場合は
再セットアップ作業で直せますので、処分をしなくても一度初期化してまた使えるようになります。

ただ、フォーマットするにしてもそのまま捨てるにしても内部ファイルやプログラムを
失ってしまいますので、その前にデータ復旧サービスセンターにて今までの大切な
データを抽出してもらい、他の媒体に移し変えてもらわれることをお薦めします。

使い物にならなくなったHDDを捨てる時は、面倒だからといって燃えないごみ(不燃ゴミ)
の中にくるんで分解や消去作業をせずにそのまま出すのはくれぐれもお控え下さい。

もしも第三者に発見されて拾われでもした場合、その人の知識と悪意次第で
内部に残ったデータまたはその痕跡を復元されて、個人情報やパスワード、機密情報などを
悪用されてしまい経済的な大損害やプライバシーの侵害に遭われてしまう可能性もあります。

中古ショップやリサイクルに引き取ってもらったりネットオークションにて売却する際にも同じで、
必ずデータの完全削除作業をしてから処分することが必須です。

パーティションとデータ抹消の処理


C/D/E~ドライブといったパーティション(パーテーション)の記憶ファイルとプログラムのみを
抹消する時には、データ完全削除ソフトウェアを使うことで実行できます。

Cドライブが壊れてアプリケーションプログラムが認識できないということも
多いですので、その場合には専門の削除サービスにて行ってもらいましょう。

自分で物理的に破壊させる場合はドライバーで分解してディスク盤面を取り出し、
燃焼により融解させるかハンマーで叩き割ることで破砕すればほぼ大丈夫です。

HDDを廃棄処分される場合、ディスクメディアの破砕消去サービスにて
安全に分解処分してもらい、そして最後に証明書を受け取ることが一番安全です。

ハードディスクドライブ自体は壊れていても、内部装置のセクタ(プラッタ)は損傷が無く、
書き込みデータは無事であることが多いため、廃棄の前に今まで蓄積していた貴重なファイルや
アプリケーションを、専門のデータ復旧サービス店で別の記憶装置に移し変えてもらうこともできます。







ハードディスクドライブ |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-99.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.