パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ノートパソコンが故障する主な原因と修理の注文とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ノートパソコンが故障する主な原因と修理の注文とは?
ノートパソコン(notebook computer)はデスクトップPCを小型化させて、
本体にモニタやキーボード、バッテリー、ポインティングデバイスなどが
ひとまとめに搭載された、持ち運びも簡単で大変便利なパソコンです。

性能的には基本的にデスクトップ(据置型)よりやや劣るものの、近年発売された
製品でしたら十分に満足な性能と処理速度で扱うことができます。

【主なノートパソコンの製品の一覧】

・ASUS(アスース):NX NX500JK-XH72T 15.6-Inch Laptop ノートパソコン
・Panasonic(パナソニック):CF-MX4FFHBP Let's note MX4
・HP (ヒューレット・パッカード):Stream 11-d000 series HP Stream 11-d012TU KINGSOFT
・東芝 (TOSHIBA):Dynabook PR35MGAD483AD71 Windows7 Pro Corei3 1.7GHz 4GB 500GB
・マウスコンピューター:8.9型Win8.1タブレット・2in1 PC Office付 WN891
・NEC(日本電気):15.6 型ノートパソコン PC-VK14
・Acer(日本エイサー):Aspire E11 Celeron N2840/4G/320G/11.6/Win8.1withBing E3-112-F14C/S
・富士通(Fujitsu):FMVA0802YP LIFEBOOK A574KX Windows7 Professinal 32/64bit
・Apple:Macbook Air USB3.0 A1466 13.3インチ SSD:512GB メモリ容量:8GB OS X Mountain Lion13.3
・エムエスアイコンピュータージャパン:GTX980M SLI構成 GT80 2QE-051JP



ノートPCのパーツ構成や扱い方は基本的にはデスクトップとほぼ同じで、
また、エラーや故障などたまに起こりがちなトラブルも共通しているのですが、
ノートパソコンの方が全体的に壊れる要因やきっかけが多くなる傾向があります。

マシンやシステム破損の要因


まずは普通のデスクトップPC本体と同じく、
・電界コンデンサの劣化や熱暴走によるトラブル、
・ハードディスクドライブの老朽化・ヘッドクラッシュによる物理的破損、
・システム削除など、間違えた操作や第三者による人為的なミステイク、
・コンピューターウイルス感染によるデータ障害、
・長時間の起用によるフリーズやシャットダウンの発生、


といったハードウェアとソフトウェア両面での損壊のケースが多いです。
ノートPCの場合は上記のアクシデントの原因に加わって、

・外出の際、持ち運び中にかなり強い揺れや衝撃の影響を受けてパーツの接続に
 影響を受けてしまったり基盤が傷んでしまう。
・LCDのインバータ損壊。
・水やコーヒー、お茶類、スープといった飲料をパソコン作業中にこぼしてしまう。
・水溜りに落としてしまったり豪雨にさらされて濡れてしまう。
・外での埃や塵、日光、高熱、低温、湿気、電磁気、静電気、雨、雪、砂嵐など
 電子機器の大敵となる 外部環境にさらされてしまう。


など、日々持ち運びによる移動の機会が多い場合は
携帯電話の故障トラブルと同じようなパターンに遭われてしまう確率も高いです。

ノートパソコンの液晶画面が損傷した場合は、液晶画面付きの上フタを、
同機種の中古ノートパソコンを買って交換して使用する、という修理の方法もあります。

しかし中古のため いつもノートパソコン同機種の在庫があるとは限りません。
ジャックショップや私設のパソコン修理店に問い合わせてみることもおすすめします。

ネットブックのトラブル


通常のノートブック型よりも更に小型化されてモニタのサイズも
14.1インチ以下になっている機種であるネットブック(NETBOOK)の場合だと、
スペックや容量、内部パーツが最低限に抑えられています。

なので、CD/DVDディスクは外付けドライブでしか読み込めない、といった点もあります。

また、メモリやHDDの容量不足でエラーや動作遅延がデスクトップ型より
多く発生する事も場合によって起こりえます。

メーカーの種類によって頑丈さや故障の起こりやすさにも差があるのですが、
近年のPCが小型で丈夫になってきたとはいえ、やはり精密機器でデリケートな部分もあります。

コンピューター装置の持ち運びの際には出来るだけ丁寧に、大切に扱うように
心がけていくのがやはり一番です。

急に壊れてしまいすぐに直したい時は、専門のパソコン修理サービス店にて
現在の状態や破損箇所を手早く診てもらい、適切な処置で直してもらわれることをおすすめします。







ノートパソコン |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-81.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.