パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ハードディスクの空き領域が少なくなり動作が重い時の直し方は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ハードディスクの空き領域が少なくなり動作が重い時の直し方は?
Winowsパソコンのスタートメニュー→マイコンピュータ→と開いていき、
そこで表示されるローカルディスク(C)のアイコンを右クリックすると、
青色の「使用領域」と桃色の「空き領域」という円形グラフのあるプロパティ画面が表示されます。

このグラフはCドライブ、すなわちハードディスクドライブ内で現在使用して
埋まっている容量と、空いている残りの容量の比率が一目で分かる画面です。

この青色で表示された使用領域が大きすぎるとパソコンの動作やデータの
読み込みが遅くなりがちになり、逆に空き領域が大きいほどPCの処理速度は速くなります。


ローカルディスクの空き容量を増やすには?


ハードディスクの最大容量の値が少ないとすぐに全体が埋まってしまうため、パソコン購入の際には
なるべく少なくとも1TB以上の容量の多いHDDを選んだほうが後々もデータ整理が楽になります。

日々パソコンを使っていくうちに様々なプログラムをインストール・セットアップしたり
新しく拡張子ファイルを作成したりなどで空き容量は減っていきますので、
いらなくなったファイルやソフトなどは時々チェックして『プログラムの追加と削除』の
画面などからアンインストールして消去しておくようにしましょう。

また、アクセサリのディスククリーンアップディスクデフラグを使うと
普段使っていないファイルを圧縮したりHDD内部を整理できるので、こちらも時々行ってみると良いです。

自分で作成した写真画像やHTMLファイルなども数が多いと容量を取られていくので、
普段読み込まないデーターはMOやDVD-Rなど
外部の補助記憶装置に移し変えておくとバックアップにもなり一石二鳥です。

空き容量を軽くする作業中に間違えて必要なデータやシステムを削除してしまわれないように
お気をつけ下さい。

ハードディスクに重度の異常が出てしまったら、すぐにパソコンの修理店、
またはデータの復旧サービス店で診断をしてもらい、修復をしてもらわれることをおすすめします。







ハードディスクドライブ |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-74.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.