パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ノートパソコンがフリーズして動作が重くなった時に修理するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ノートパソコンがフリーズして動作が重くなった時に修理するには?
ノートパソコンを外出中などに使っている時にフリーズが起こってしまったため
電源ボタンの長押して強制シャットダウンしたら、その後、パソコンの動作が
遅くなってしまい、この場合はどのように修理すればいい?というご質問について。

こちらの一例では、dynabook(ダイナブック)B351/20DMでExcelの使用中に、
文字の入力でフリーズしてしまい、その後、強制終了したら、
立ち上げなどの動作がかなり重くなってしまった場合についての事例にて解説いたします。

まずは基本的な修理方法としまして、一度Excelを一度アンインストールして、
購入時に同梱されているディスクからインストールのし直しを行なってみます。

パソコンのWindowsの動作全体が遅くなっている場合には、「システムの復元」の
機能を有効にしていれば、フリーズする前の時間帯に作られた「復元ポイント」を選んで、
前の状態に回復することで元に戻せる見込みがあります。

復元ポイント

またはディスククリーンアップやディスクデフラグ、コマンドプロンプトでの「chkdsk」、
レジストリ修復ツールなどを使ってOSを軽くされてみてください。

Excelをアンイストールして、インストールし直したとき、応答無しのアプリケーションが、
まだまだあり、HDDのリカバリーをしてもまだ直らない場合は、
Cドライブの動作不良などHDDの不調という可能性もあります。

エラーの修復


エクスプローラーからCドライブのプロパティ画面を開き、ツールのタブにある
エラーチェックなどを実行されてみると何かの問題が表示される可能性があります。

また、パーツのスペックが低めで古いバージョンのOSを使用しているパソコン本体の場合だと、
容量が大きくて重いアンチウイルスソフトなどメモリやCPUに負荷のかかりやすい
アプリケーションを多数、常時稼働の状態にしていると、展開に支障が出るおそれもあります。

Ctrl+Alt+Delキーの同時入力で「タスクマネージャー」を開き、プロセスやパフォーマンスを確認します。

メモリのプロセス

CPUやメモリ、ディスクの使用量が圧迫されていましたら、そのパーツを交換ないし
増設して補うか、インストールしたアプリケーションを削減されてみてください。

また、マザーボードの破損が原因である可能性もあります。

基板が不具合を起こして動作の進行に支障が出てくる場合、ノートPCのメインボードの破損は
修理の際に交換して直すのが特に面倒で難しいので個人では少し手間が掛かります。

ノートパソコンも、持ち歩きの時の振動や軽い衝撃だけでも、
いつ故障してしまっても不思議ではない難点はどうしても出てしまいます。

またマザーボードは過熱にも弱く、部屋の暑さや近くの暖房、機材からの熱の影響や、
ファンからの放熱が不十分なために壊れてしまうような原因も考えられます。

通気口にホコリが溜まっていたら、掃除して除去します。

他にも長年使っていた事による経年劣化や付近の水気、ホコリ、電磁波、など、
故障の原因となりうる要素は数多く出てきますので、
丁寧に取り扱われていても残念ながら急に破損してしまう可能性はあります。

どうしてもフリーズの原因が判別できなかったり、個人で直すのが難しい故障の原因が
発生している時は、プロのパソコン修理サービス店に問い合わせて、
システムの修復やパーツ交換による修理の作業を注文されてみることもおすすめします。







フリーズの対処 | ノートPC
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-655.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.