パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンがよく応答なしと出てフリーズする時に直すには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンがよく応答なしと出てフリーズする時に直すには?
Windowsのオペレーティングシステムを搭載したパソコンで、
ウェブブラウザや常駐の機能、またその他のアプリケーションソフトなどを開いている時に、
応答なし」というエラーメッセージが頻繁に出てよく作業が止まってしまい、
このフリーズ(ハングアップ)をもっと減らしていくにはどうすればいい?という疑問について。

応答なし

【PCパーツの製品の一例】

・Transcend:デスクトップPC用 PC3-12800 16GB 1.5V 240pin DIMM Kit JM1600KLH-16GK

・WESTERNDIGITAL:内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB Inteilipower WD20EZRX

・Intel(インテル):CPU Core-i5-4460 6Mキャッシュ 3.20GHz LGA1150 BX80646I54460

・ASUSTeK(アスース):Intel H97チップセット搭載マザーボード H97-PRO

・Sharkoon:ATX/MicroATX対応ミドルタワーPCケース VS4-Wシリーズ SHA-VS4-WBK

・BUFFALO:PCI Express x1用 増設インターフェースボード USB3.0&2.0 2ポート搭載 IFC-PCIE2U3S2

・玄人志向:ATX電源 600W KRPW-L4-600W/A

・GIGABYTE(日本ギガバイト):グラフィックボード AMD R7 240 2GB PCI-Express GV-R724OC-2GI

・CoolerMaster:Hyper TX3 EVO サイドフローCPUクーラー Intel/AMD両対応 RR-TX3E-28PK-J1

・I-O DATA:DVD-R 24倍速書き込み対応(内蔵型) ブラック DVR-SA24ETK2



まず、基本としまして、お使いのパソコン本体のパーツの処理速度の性能や
メモリ、ハードディスクなどの容量が低い部品が複数搭載されていると、
やはり読み込み速度が遅くなり、負担もかかり、応答なしのエラーが発生しやすくなります。

特にメインメモリの容量が現在のパソコンで1GB以下だと、読み込みに支障が出る事もよくります。

まず、今のPCの動作環境でなら、メモリを4GB~16GBくらいに増設する事も
検討されてみる事をおすすめします。

またメモリだけ容量を拡大したのではまだバランスが整わず、
またWindowsのバージョンによっても限界値があるため、他の部品やOSも変更していくと確実です。

ハードディスクを最新のより頑丈な構造でSATA方式、かつ1TB以上の製品に交換、
または高速で書き出し、読み込みが可能なSSDに変更します。

CPUもintelのCOREi5やCOREi7など性能の高い製品に取り換えます。

マザーボードや電源ユニット、ネットワークカードなども新品に変えていくと確実です。

ですがパソコンの自作や分解に詳しくない個人では少し交換が難しいため、
私設のパソコン修理サポート店に注文して換装作業を行ってもらう方法もあります。


またグラフィックや動画、音楽などのコンテンツをよく視聴したり、作成・編集される場合は、
性能の良いグラフィックカードやサウンドカードを増設する必要も出てきます。

オペレーティングシステムも、新しいWindows 7やWindows8/8.1にアップグレードすると、
Windows XP以前のOSに比べて大分エラーが抑えられて、フリーズの回数が少なくなります。

ソフトウェアの問題


次に、パソコンにインストール・セットアップしてお使いのアプリケーションソフトの場合、
ソフトウェアによってはパソコンの性能を問わずにフリーズが多く起きてしまうケースもあります。

何か操作をミスして、その際に応答なし、と出て一時的に操作が効かなくなった後で、
「モジュール’’のアドレス~~でアドレス~~に対する読み込み違反がおきました。」や
「Runtime error 216 at ~」

というエラーバルーンが出る事があるのですが、すぐに動作を戻すか画面を一度閉じれば大丈夫です。

画像など大きなファイルを複数取り扱うツールの場合は一時的によく「応答なし」と
出てしまうのですが、プログラムに何か問題がある可能性もあります。

製品のホームページでソフトウェアの修正パッチやアップグレード版が出ていましたら、
それらを適用させて修復を試みてみるのも望ましいです。


また、特定の周辺機器を使っている時によくフリーズが起こる、という場合は、
その周辺装置のファームウェアをアップデートしてみます。

コントロールパネルのデバイスマネージャーからデバイスドライバを再インストールしたり、
あるいは初期不良交換に出してみたり、修理や買い替えも検討されてみてください。

USBコネクタなどの接続している周辺機器が余りに多いと動作にも支障が出やすくなるので、
常時ケーブルを差し込みしているコネクタの数はなるべく抑え目にします。

Windowsも長く使っていると不要なファイルが各ディレクトリに増えてきたり
レジストリが肥大化してアクセス速度が次第に遅くなり、フリーズの原因にもなります。

定期的にディスククリーンアップをして不要なファイルを一括で削除したり、
レジストリクリーナーのソフトウェアでレジストリを軽くするとある程度直す事もできます。

またアンチウイルスソフトとで定期的に念を入れてコンピューターウイルスやスパイウェアの
定期的なスキャンと隔離・除去も行います。


アプリケーションソフトをパソコンに多くインストールしすぎてくると
常駐ソフトも増えてHDDの容量やメモリ、CPU、ネットワーク回線の速度が圧迫されます。

なので、不要になったソフトウェアは定期的に、デバイスマネージャーの
プログラムの機能」(プログラムの追加と削除)からアンインストールを行うと軽くなります。

アンインストール

「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」を押して「タスクマネージャー」を開いてみると、
どのユーティリティーに現在何%ほど容量を使用しているかが表示できます。

タスクマネージャー

かなりの割合で容量を使っているアプリケーションソフトがありましたら、
そちらの画面を開いて環境設定を変更して一部の機能を無効にしたり、
あるいはアンインストールしてもっと軽いソフトウェアに代行する、という直し方もあります。


それでも読み込み速度の遅さが直らず、頻繁に「応答なし」と出てしまう場合は、
Windowsのリカバリー(再インストール)をしてリセットされてみる事もおすすめします。

フリーズの原因がどうしても自身で把握できそうにない場合には、
専門のパソコン修理サービスに問い合わせてPCの症状を見て直してもらう事もおすすめします。







フリーズの対処 | 問題と解決
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-628.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.