パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ハードディスクレコーダーの故障を修理するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ハードディスクレコーダーの故障を修理するには?
撮影した動画や番組といった映像のデータを録画してデジタルデータとして記録できる
ハードディスクレコーダー』(Hard Disk Recorder/HDR)を日々使用している中で、
ある日、突然レコーダーの装置が動かなくなって壊れてしまったら?という疑問について。

ハードディスクレコーダー

まず、HDDレコーダーの製品の箱に同梱されている取扱説明書を取り出して、
問題が発生した時の「トラブルシューティング」についてのページを確認します。

・例えば本体と別の出力・入力機器を繋ぐケーブルが破損した時は
 新しいケーブル(コネクタ)に交換する必要があります。

・内蔵ハードディスクが故障してしまったら新品への換装が必要になります。

・長時間の稼働で一時的に熱暴走が発生してフリーズや強制シャットダウンが起きた時は、
 しばらく電源をオフにして、すべてのコードを外して長時間そっと冷ましておきます。

・システムに問題が発生した時は
 インターネットに接続してアップデートによる修正パッチを行ったり、
 または一度、購入した時の状態にシステムをリセット(初期化)して修復します。

・録画した映像が途切れ途切れになったり、正常にムービーの撮影や再生ができていない時は、
 モニターの出力機器やカメラ装置の方に何か故障が起きていないか、確認してください。

 例えばケーブルのコネクタの位置を差し間違えていたり、
 いつの間にかコードが引っ張られて外れたり切れてりしていないか見直していきます。

・またカメラの場合は、レンズが曇っていたりカバーで蓋がされていないか確かめてください。

・それぞれの付属の装置の電源がオフになっていないかどうかもチェックします。

レコーダー装置の分解作業



システム上のトラブルや他の周辺機器との接続面で起きた問題ではなく、
レコーダーの本体そのものの部品が物理的に破損して動かなくなった場合は、
内部を構成するパーツのうち、故障した部分を取り換えて修理する必要が出てきます。

ハードディスクレコーダーの内部パーツはパソコンと似ていて、
一部の部品はパソコンでも使われている物が導入されています。

なので、コンピューターのパーツの分解にある程度慣れていれば、
壊れた部品をご自身である程度交換して直す事もできます。

(ですが、メーカー先の長期保証サポートの期間がまだ残っていた場合、
機器の分解をして開けてしまうと修理保証が効かなくなってしまう事があるので、
まだ期間が残っていましたら注意してください。)



例として、内蔵のハードディスクが故障したため新品に交換する場合、
まず内蔵されたドライブと同じサイズで同じ方式の種別のHDDを一台用意します。

(シリアルATA方式で3.5インチの大きさの1TB~6TBのハードディスクなど。)


次に、ハードディスクレコーダーの電源を一度切って、全ての接続ケーブルを外します。

取扱説明書を開いて、「困った時のトラブル解決」といったページに
内蔵HDDを交換する方法の項目が載っていましたら、そちらを参考に作業を進めます。


まずは装置の外面全体を一通り見回して、外部カバーのどの部分を外せば
内蔵ドライブが取り外しできるか先に確認します。

ドライバーで外装の固定ネジを回して取り外していきます。

(一部のネジがシールで隠れている事があります。
そちらに気づかずにまだ固定されたままのカバーを無理に取り外そうとして
うっかりケースや部品を割ってしまわないよう くれぐれも慎重に作業を行ってください。)

螺子

カバーを開くと、内部でハードディスクとマザーボードが
電源ケーブルとSATAケーブルで繋がっているので、この二つをコネクタから外します。

HDDレコーダー

次に、HDDとレコーダー本体が固定されているネジを外して、装置から取り出します。

故障したドライブの代わりに新しいハードディスクを代わりに付け替えて、
先ほどとは逆の手順で作業を進めて、最後に蓋を閉じて螺子で固定します。

内部ケーブル

これでもう一度レコーダーを起動して新しいHDDが正常に読み込みできれば交換修理に成功です。

ちなみに、他の部品もメインボード以外であれば個人で換装する事も
一応、可能なのですが、そのレコーダーの製品に使われている独自の同じパーツは
ジャンクショップなどの店でなければなかなか入手しづらい点もあります。

HDR

メーカーのカスタマーサポートに出す時はお預かり期間が数週間ほどかかる事が多いです。

もしすぐに直してもらいたい時には、全国の各地で運営されています、
レコーダーを取り扱われた[コンピューターの修理サービス業者]に問い合わせて、
『即日診断の修理サポート』といった依頼コースで、注文を受けてみてください。







ハードディスクドライブ | レコーダー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-614.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.