パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【小型・薄型ノートパソコンの蓋を開けてパーツを交換修理】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
小型・薄型ノートパソコンの蓋を開けてパーツを交換修理
ノートサイズに近い大きさで持ち運びできる携帯型の「ノートパソコン
notebook size personal computer/ノートブックサイズ・パーソナルコンピューター)は、
機体の内部に収納されているパーツ(部品)も小型化された製品が多く使われています。

ノートパソコンの内部

PCケースの大きさと内部のスペースにある程度余裕のあるデスクトップパソコンよりも
部品の配置が狭くなって詰まっているように設置されているため、
カバーの蓋の開け方や中身のパーツの取り外しと交換の仕方がやや難しい傾向にあります。

内部で回路が密接した複雑な小型ノートパソコンで、故障した部品を自身で取り外す際には
必ずガイドラインのウェブページや本、解説書などをじっくりと読んで、
くれぐれも強引で無理な取り外し方はせずに、丁寧かつ確実に作業を実行していきます。

※自作でないメーカー製品のマシンを分解する場合、どれか一つでもパーツを外すと
長期保証のサポートが失効して、有料でしか修理サービスが受けられなくなることがあるので、
保証サービスの期間内の場合はご注意ください。

蓋の取り外し

まず、ノートパソコンの表面を一通り見て、
どのあたりに固定ネジやカバーの蓋が付いているか確認します。

パソコンの表面か裏面の全体を開けるカバーの他に、別の小さい蓋があれば、
そちらはハードディスクやメモリなどのパーツを交換するための開け口である事が多いです。

多くのパソコンではまず、固定されたネジ(ビズ)をドライバーで一つずつ回して取り外します。

蓋を開けてから内部のビズや固定シール、コネクタ、そしてつっかえている他の部品やパネルを
一個ずつ丁寧に外して、内部の故障した部品を取り出して新品に換装します。

ノートパソコンの構造上、ハードディスクとメモリ、そして電源のバッテリーは
ある程度、簡単に取り外せる事が多いです。

ハードディスクドライブは2.5インチサイズのものを使っているPCが多く、
メモリもデスクトップ用のものより小型化された基盤が使われています。

メモリ

メモリは固定されたレバーを指で外すだけで簡単に取り出しできます。

デスクトップPCでハードディスクドライブに使うS-ATAケーブルや電源ケーブルは
ノートパソコンでは使用されずに、そのままドライブベイのコネクタに差し込みして
螺子で固定するようになっている物が多いので、こちらも簡単に取り外しができます。

内部ベイに固定したら、元から付いていたネジでしっかり固定し直すことも忘れないようにして下さい。

※SSDに交換する場合は、シャドウベイのサイズやピンを付けるガイド穴の位置が合わずに
 正しく取り付けできない事がありますので、
 SSDを購入される前に念のためメーカー先のカスタマーサポートに訊かれてみてください。


また電源のバッテリーも、コンピューターの裏側の固定レバーを反対側にスライドしたり、
薄い蓋を開けるだけですぐに取り出せる構造になった製品も多いです。

電源バッテリー

ですが、小型や薄型のノートパソコンだと、少し手順は複雑になっていきます。

例えばネットブックなどの小さめのサイズで廉価版のマシンは、
HDDなどのパーツがキーボードや固定パネル、タッチパッドの下の方にあって
かなり奥の方に収納されているために、取り出しに手間が掛かる事もあります。

パソコンのパーツを取り出すための蓋がキーボードの付いている面にあり、
キーボードなどの別のいくつかの部品とともにまとめて外して分解しなければ
交換ができない、という事ケースが出てきやすいです。

蓋が固く固定されていたら、力任せに勢いよく引っ張ったはずみで割ってしまわないように
どこの引っかけ部分を順に剥がしていけば外れるか、良く確かめて慎重に作業をします。

ケーブルのコネクタを取り外す

次に、コネクタやケーブルを傷つけないように慎重かつ丁寧に部品を外していきます。

ここで注意なのですが、キーボードや電源スイッチボタン、タッチパッドなどのパーツは
リボンケーブル」(フラットケーブル・flat cable)で繋がっている場合が多いです。

キーボード

パネルやキーボードなどを分離する時には特にリボンケーブルが引っ張られやすいので、
コネクタから変に外れたり導線が切れたりしないように注意してください。

リボンケーブルは少し接続の仕方や外し方が他のケーブルのコネクタより難しめです。

うっかり導線を覆う保護体とコネクタが引っ張られて切れたり割れてしまわないように
慎重にケーブルの抜き出しを行っていきましょう。

マザーボードの換装といった複雑な作業の前には必ず分解を始める前に
中身のケーブルやコネクタの配置をメモしたり、デジタルカメラで写真を撮って、
元の配置がわからなくなっても大丈夫なようにしっかりと記録を取っておいてください。

リボンケーブル

キーボードや液晶モニターなどの部品が故障して、ご自身で新しいものに交換したい場合、
別の製品をパソコンショップやジャンクショップで購入する際には、
必ずサイズやフレームの形がパソコン本体のはめ込み口と合っているかよく確認してください。

軽量・薄型ノートパソコンの特殊な形状のビスを外す

また「軽量で薄型のノートブックPC」に使われている止め具は、普通のプラスドライバーで回せる
十字型のネジではなく、特殊な「星型のビズ」が多く使われているマシンもあります。

・『MacBook Air』はペンタローブドライバー、
・『Ultrabook』(ウルトラブック)はT5ドライバー(トルクスドライバー)
、など。

MacBook Airの星形のビスは小さく形も少し見えにくいので、大きさのサイズを間違えないように
ペンタローブドライバーやT5ドライバーを購入する際によくチェックしてから購入します。

またはいくつかのサイズのドライバ―がセットで入ったパックを購入される事をおすすめします。

ノートパソコンの内部でも同じように星形螺子が使われている物が多いため、
やはりパーツの取り外しと交換が、やや難しくなりやすい傾向にあります。

軽量・薄型のノートパソコンでは重量があってサイズの大きいハードディスクのかわりに
小型で軽量、かつ速度の速く壊れにくい「SSD」(メモリディスク)が使われている製品も
近年多く登場しています。

薄型のコンピューターに搭載されたSSDは普通のデスクトップパソコンに搭載する
SATA用のメモリディスクではなく、メインメモリよりも小さいカード型の製品が多いです。

一見するとどの部品がSSDかわかりにくいのですが、資料を元によく見ると
わりと取り外しやすい上の方の位置にメモリーカードが配置されている事もあります。

小型・薄型のノートパソコンの故障を修理したりより性能の高いパーツに交換したい、
という際には、パソコン初心者の方にはややハードルが高く難しい事も多いので、
パソコン修理サービスの業者の方に即日診断・修理などの特急プランでの依頼なども
検討して注文されてみる事もおすすめします。







ノートパソコン | PCパーツ
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-613.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.