パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Wi-Fiのサービスがネットに繋がらない時の原因は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Wi-Fiのサービスがネットに繋がらない時の原因は?
無線LANでネットワークに接続できるパソコンやモバイル端末を持って
「Wi-Fi」(ワイファイ/Wireless Fidelity)のサービスがある
空港や駅、新幹線、公共機関などのアクセスポイントで通信機能を使う際に、
なぜかアクセスできずにインターネットが繋がらない、という時の主な原因について。


エアポート


ユーザーIDとパスワードが必要。

まず、例えば「空港」(エアポート/airport)などのロビーで
ノートパソコンを開いて使用する時、内蔵/外付けの無線LANカードの機能から
ネットワーク回線を検知してそのまま直接接続できて使える場合と、

ウェブブラウザでネットを開くのにログイン(サインイン)の動作と
個別に発行してもらうユーザーIDとパスワードがいる場合があります。


Wi-Fiのインターネットサービスを提供されている施設にも場所によっては、
フロントのどこかにあるWi-Fi専用の提供カウンターなどで
一度受付の方で簡単な手続きを行うのが必要な事もあります。

運転免許証かパスポートなどを提示したら用紙に必要事項を書いて、
それから1時間制限などの決まりの中で使える、
ログインのためのユーザー名とパスワードが書いた紙をもらえます。

そしてもう一度ノートパソコンからネットで提供された回線にアクセスして
ウェブブラウザを開き、必要事項の入力画面にパスワードなどを入力します。

同意事項の画面にもチェックを入れて、そこでサインインして使用ができます。

なお、空港のように大きな施設だと検知できるネットワーク回線の数も多く、
間違えて違うISP(インターネットサービスプロバイダ―)の名称を選択してしまい
アクセスしても繋がらない、というミスもよくあります。

回線を選ぶ際には名前を間違えてしまわれないように注意してください。



電波の届きにくいフロントにいる。

同じく空港や駅のように広い施設だと、一定区間おきに配置されている
Wi-Fiサービスのアクセスポイントから離れすぎていて
たまに電波が届かずにつながらない、というケースもあります。

その場合にはアクセスポイントの場所を受付の人に訊いて、
その場所の付近にある空いた座席に座ってネットを開いてみましょう。

空港



その場所のWi-Fiは有料のサービスになっている。

Wi-Fiを提供されているサービスは電波の届く範囲内なら
無償でネットや通信をできるものも多いのですが、
ビジネスホテルやリゾートホテル、空港などによっては有料で、
時間や容量に沿って料金の支払いと手続きが必要な事もあります。

その際にはまたサインインのための専用のユーザー名とパスワードを
係の人に教えてもらい、それからインターネットにつなげます。



無線LANカードが正しく差し込まれていない。

ネットワークカードが内蔵されていないパソコンでは
外付けで「無線LANカード」(データ通信カード)をコネクタに差し込んで
ISPの回線を探知して受信する事でネットに接続できます。

うっかり普段お使いの無線LANアダプターの差し込みを忘れていたり、
または長期の外出の前に買い忘れていたり、
自宅からの持ち出しを忘れてしまわれないように、ご注意ください。

ノートパソコン


また、ネットワークカードのデバイスドライバが
正常にパソコンにインストールされていなかったり、
外付けのアダプターが正常に認識されていないと使えない事があります。

Windowsの場合:コントロールパネルからデバイスマネージャーを開いて
該当するデバイスドライバの項目にエラーマークが付いていないかどうか、
もしネットに繋がらなかった時にご確認ください。



Wi-Fiモードがオフになっている。

モバイル端末で[Wi-Fiモード]をオンにして使う際、
うっかり「Wi-Fi設定」をオフにしていたり、
「データローミング」や「データ通信」が無効になっていると
サービスの回線を拾えず、インターネットに繋がりません。

液晶画面の上部の各種アイコンの状態を見て、
ディスプレイ画面からタップなどで「設定」のメニューをチェックして、
各種機能のオン/オフの変更を行ってください。

データ通信



機内モードに設定したままでいる。

同じく、端末を機内モードやマナーモードにしたままだと
やはりネットワークにアクセスができません。

機内モード

また海外の国から日本国内に旅客機や船舶で帰ってきた際時に、
現地で「海外のパケットモード」を設定して使用していたら
帰国した直後だとすぐに日本国内のネットに繋がらない事があります。

データローミングなどの設定を一度オフにして、再度オンにして接続すると、
ネットワークモードの表示やアクセスポイント名などが更新されて、
また元の国内でのインターネット回線に接続切り替わります。



ノートパソコンが一部故障している。

ノートパソコンのデバイスドライバや基本的なシステムが深刻な問題を引き起こしていたり、
ネットワークカードなどの部品が衝撃などの影響で破損していると
インターネットに繋がらなかったり正常に操作できない場合があります。

パソコン自体がどこか故障していると思われる際には、製造メーカー先か、
パソコン販売店の保証サービスのカスタマーサポートに問い合わせて修理に出してみてください。

急な故障の発見のため、お急ぎですぐにノートパソコンを直したい、
という場合には各地の私設のパソコン修理サービスで
即日スピード診断といった特急コースでの注文もおすすめです。







ネットワーク | Wi-fi
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-611.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.