パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windows8.1でパソコンのメモリを診断するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windows8.1でパソコンのメモリを診断するには?
Microsoftの新しいオペレーティングシステム「Windows 8/8.1」「Windows 10」
搭載したパソコンを普段から使っていくうちに、
ある時、読み込みなどの調子がおかしくなってしまった場合について。

そこで原因判明のため、内部に搭載している重要なパーツの一つである半導体を利用した
一時記憶装置の「メモリ」(memory)に特に何か問題がないか調べたい、という場合について。

メモリ

まず、Windows8やWindow8.1も、これまでのウィンドウズと同じように
メモリ診断」の機能がしっかりと標準で搭載されています。

このシステムを使用するにはまず、パソコンで今開いているすべての
書きかけのファイルを保存して、各ウィンドウを閉じます。

スタート画面かデスクトップ画面から「コントロールパネル」を開きます。

「表示方法:大きいアイコン」にして、一覧の「管理ツール」を開きます。

Windows メモリ診断」を開くと
コンピューターにメモリの問題があるか確認します」というバルーンが出ます。

「今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)」を選ぶと、
ウィンドウズが一度シャットダウンして、再起動とメモリの検査の作業が自動的に始まります。

パソコンが再起動されてドライブからの立ち上げが始まる時、普段のOSのロゴ画面の前に、
Windowsメモリ診断ツール」という青い背景に白文字の画面が表示されます。

Windowsメモリ診断ツール

テストパスの実行などの進行が終了するまで数分の間、待機します。

ちなみにこの画面の時にF1キーを押すと、テストミックスやキャッシュといった
オプション機能の設定変更も行えます。

Windows メモリ診断

検査が完了したら、「Windowsの準備をしています  コンピューターの電源を切らないでください」
というメニューが出て、その次にWindows8のスタート画面が開きます。

起動の準備

デスクトップ画面に移って、下部のタスクバーにある
「隠れているインジケーターを表示します」のアイコンを開きます。

そこにメモリのアイコンの付いた「メモリエラーは検出されませんでした。」
というメッセージが表示されれば、問題がなかった結果がわかります。

診断結果

しかし、もし何か深刻なエラーや故障の問題が検出されたら、以下のようなメッセージが出てきます。
「コンピューターにメモリの問題があります~ 問題を特定して修復するには、
 コンピューターの製造元に問い合わせてください。」


(※なお、オンラインでもメモリの故障をチェックする アプリケーションがリリースされています。)

「メモリ問題のトラブルシューティング」のヘルプ案内を参考にして、パソコン本体のメモリを
新しいものに交換・増設したり、メーカー先のカスタマーサポートや私設のPC修理店に
注文をしたりして、なるべく早いうちに修理を施されてみることをおすすめします。







メモリ容量の解消 | PCパーツ
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-609.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.