パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【UPS(無停電電源装置)が故障する原因とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
UPS(無停電電源装置)が故障する原因とは?
UPS(ユーピーエス、Uninterruptible Power Supply、 無停電電源装置)は
定電圧低周波を使って給電を行い、バッテリーの充電をして
停電対策のために電源のバックアップをするための装置です。

UPS

落雷や断線の事故で急に街の電力の供給が一斉にストップしたり、
家電製品を一斉に使用したためにブレーカーが落ちた場合、
普通に電源コンセントにパソコンや外付けHDD、レコーダーなどのプラグを
差し込んだままだと急に稼働が止まって起動が強制的に終了します。

そうなると通常のシャットダウンやシステム終了が行えなかったために
PCのオペレーティングシステムに障害が起こったり、
上書き保存していない部分のデータがそのまま消えてしまったり、
回転中だったハードディスクなどの部品が故障してしまうおそれもあります。

そこでUPS(無停電電源装置)を電源コンセントの差込口との間に
中継する形でセットしておけば、急に停電が起こった時に
数分~数十分ほどの間、内蔵バッテリーの電力をそのまま継続して、
パソコンなどの機器を止めずに上書きやシャットダウンを行う事ができます。

ですがこの無停電電源装置は少しデリケートな機材で、
うっかり間違えた使い方をすると、トラブルの際に電力が正常に
供給されなかったり、負担が掛かり機器が故障してしまう場合があります。



まず、大抵のUPS製品には電源ボタンがあるので、
これを必ず「オン」にして起動します。

複数のコンセントの差込口がある製品では、
普通の差込口と、停電時のバックアップ用の差込口とで
分かれている物もあります。

デスクトップパソコンや外付けHDD、RAID、NAS、レコーダーなどの製品は
こちらの停電時バックアップ用の差込口を使用してください。

差込口の数が足りなかったり、ACアダプターを使っていて
コンセント同時の幅が狭くて差し込めない時は、
延長ケーブルなどを使って接続します。

また、UPSからコンピューター本体の電源コンセントのプラグか
コードの突っ張りなどで引っこ抜けてしまうと機器が止まってしまうので、
機材の配置にも十分に気を配ってください。

次に、UPSが故障してしまう主な原因について解説します。

・まず、初めて無停電電源装置を購入した時に取扱説明書を読まずに
 すぐにUPSにコンセントを差し込んで使っていった場合に
 よくある故障のトラブルなのですが、

 ドライヤー、エアコン、ヒーター、ストーブ、電子レンジ、蛍光灯など
 使用する電力の高い家電製品をコンセントに差し込んで使うと、
 内部のバッテリーや回路に多大な過電流が掛かり壊れる事がよくあります。
 
 UPSで一度に使える電化製品は合計で350VA/210W、500VA/300W、
 という具合に上限が設定されています。

 基本的にはパソコン関連の機器のみに使用するようにしてください。


バックアップ電源


・レーザープリンターや大型の液晶ディスプレイなど
 かなりの電力を消費する電子機器への使用も、製品によっては控えてください。


・また、電圧が100Vを超過する海外製の電化製品には使用しないように
 気を付けてください。


・UPSを部屋のどこかに設置する際には、機械に弱い環境に触れないようにして、
 必ず製品を正しい向きで平面の台などに設置します。

 熱気、冷気、湿気、日光、雨露、砂埃、電磁波、振動、スモッグ、埃など
 外的な要因に長時間さらされると機器が破損してしまうおそれがあります。
 
 また、基本的は据え置きで、間違えた向きや角度で配置せず、
 壁や他の機材との隙間を少し開けるようにして置いてください。


・延長コードなどをあまり数多くつなげて たこ足回線にしすぎると
 指定されたVA/Wの限度を超えてしまう場合があります。

 数多くのコンピューター機器を使用される際には、
 UPSも2台以上に分けて使われる事をおすすめします。


・寒い場所から暖かい場所へ急に移動させた時など、
 無停電電源装置の置かれた環境が急激に変わった時には
 数時間ほど間をおいてから使うように気を付けてください。

無停電電源装置



UPSは使用できる電子機器が限られているため、
うっかり取扱説明書を熟読せずに対応されていない機器に使うと、
購入してその日のうちに上記の原因で壊れてしまう事も少なくありません。

値段の安い製品では特に、VA/Wの最大値が低めになっているので
あまり電力を消耗する機材を複数接続しないように丁寧に使います。

他に、製品ごとの「初期不良」が原因で壊れているケースもあります。


これらのアクシデントが起きて無停電電源装置が正常に動かなくなった時は、
UPSのランプの点灯・点滅のパターンや、エラー音の鳴り方によって
どのような異常や故障が発生しているかを判別できます。

夏場や冬場では冷房や暖房をよく使うため、
急に家のブレーカーが落ちて、自動的にUPSがバックアップ運転に切り替わり
ピー、ピー、と音が鳴り出すケースがよくあります。

そのまま数分以上置いておくとバッテリーが無くなっていくので、
すぐに暖房などのスイッチをオフにしてからブレーカーを上げて戻します。

接続している容量がオーバーしている時はその印となる音が鳴って
ランプが点灯するので、つなげている機器のコンセントを外して減らします。

内蔵バッテリーの寿命が来た時は、新しく専用のバッテリーを
メーカーに注文して購入して、個人で交換できる製品もあります。


UPSが完全に故障したサインが出てしまい、
2回以上電源をオンにして試しても同じ状態が続く時は、
一般個人では修理できない場合が多いです。

その場合にはメーカーの修理保証サービスやジャンク・修理店などに
郵送や持ち込みで出して、内部の回路を交換してもらう形で直してもらいます。







バッテリー・アダプター | コンピュータ関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-606.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.