パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【前のOSのソフトウェアがWindows8で起動できない時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
前のOSのソフトウェアがWindows8で起動できない時は?
パソコンで使っている基本ソフト(オペレーティングシステム)を
Windows XPからVistaや7、そして[Windows 8 Pro](ウィンドウズエイト)
これまでに年代ごとにPC本体ごと、またはパッケージ版を買って
新しいバージョンに移し変えていくと、ソフトウェアもその多くを引き続き使いますね。

その中で、Windows XPやWin7で使用できていたアプリケーションソフトが
Windows 8あたりに移し替えたあたりから、
互換性の問題などでインストールができない事が時々あります。

またはセットアップの最後のあたりでエラー画面が出てしまい
そこから先に進めなくなったり、インストール自体は成功して起動をしようとすると
新しいOSのプログラムではなぜか立ち上がらない、というケースも見られます。

また、ユーティリティーのサポートのサービスが終了していて
ライセンスの認証ができずに開けない、というパターンも出てきます。

このような不具合が発生してソフトウェアが使用できない場合には
どのようにすればウィンドウズ8のOSでも引き続き使える?という疑問について。



まず、特に多いアクシデントとして、
Windows 7あたりまでは普通にインストールできて使えていたソフトが、
互換性の面での問題により「Windows 8」でインストールできない場合は、
互換性を優先させた標準プログラムを使って開ける可能性があります。

一例として、市販のアプリケーションソフトのディスクをパソコンのDVDドライブに
挿入してからエクスプローラー画面でディスクの「setup.exe」などのファイルを
クリックすると、通常はセットアップが始まります。

ですが「このオペレーティングシステムは、『ソフトウェア名』の実行に
 適切ではありません。」
というエラーメッセージが出るケースがあります。

ここで「OK」ボタンを押すと、「InstallShield ウィザードを完了しました」
「ウィザードは、『ソフト名』のインストールを完了する前に中断されました。」

というバルーンが出てくるので、ここで「完了のボタンを押します。

Installer

少し待つと、『プログラム互換性アシスタント』という画面が出ますので、
「互換性の設定を使用してプログラムを実行する」のメニューを選択します。

互換性

ユーザーアカウント制御の画面で「はい」を押します。

再びインストールウィザードの画面が出てきて、
今度は正常にプログラムが進んだら、「次へ」のボタンを押します。 

「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックを入れて、「次へ」を押します。

また「次へ」を押して、「インストール」を押します。

InstallShield

インストール作業が始まり、無事に終わったら「完了」ボタンを押します。

そしてプログラムを開き、ライセンスキー(解除キー)を入力して、
ソフトウェアが正常に開けたら、成功です。



もし『プログラム互換性アシスタント』のウィンドウが出てこない場合は、
setup.exe」のファイルを右クリックしてプロパティ画面を開きます。

「互換性」のタブを開きます。

Windows XPのOSで使用していたアプリケーションを使う場合、
「互換モード」が「Windows XP(Service Pank 3)」になっているか確認します。

他に「Windows95や98、Me、Vista、7」と一通りのモードが揃っていますので、
インストールしたいソフトの対応されているOSの環境に合わせて項目を選択します。

次に『互換性のトラブルシューティング ツールの実行』のボタンを押します。

setup.exe

[推奨設定を使用する]の項目をクリックして、
次に「プログラムのテスト」のボタンを押すとインストーラーの画面が開きますので、
上記と同じ手順でセットアップを実行してください。



もし何かの原因でこの互換モードでもインストールや起動ができない場合は、
そのソフトウェアの製作元であるメーカー事業のホームページを開いて、
Windows 8に対応されたプログラムやパッチが提供されているか調べてみてください。

Win8対応版のユーティリティーが配布されていてインストールできれば、
そちらをかわりにダウンロードしてセットアップします。

そして前のソフトウェアで入手したライセンスキーを入力して開きます。


もしくは前に購入したソフトウェアのバージョンが10年以上前と
かなり古いものだと、そのバージョンでのサポートのサービスが
すでに終了しているためにライセンス認証ができない、という事もあります。

その場合は同じく、新しく今のコンピューター状態に対応されているバージョンの
プログラムがダウンロード配布されていないか調べてみましょう。

もし新しい対応版のソフトウェアのパックが配布されていなかったら、
コントロールパネル⇒プログラム⇒「Windows8の機能の有効かまたは無効化」
のメニューを開いて、「Hyper-V」の項目にチェックを付けて「OK」を押します。

hyper-V


そしてパソコンを再起動すると、Windows XPや7などのモードを
仮想化環境として使用できる『クライアントHyper-V』が使用できます。

これによって、Windows 8でも高い割合でこれまでのソフトが使えます。


ですがこのクライアントHyper-Vを使いたくなかったり、もしくはこの機能でも
何らかの原因で起動ができなかった場合は、ソフトウェアの会社に
原因と解決方法を問い合わせて訊かれてみてください。

新しいバージョンが既に出ている市販のソフトなら、
そちらの新品やアップグレード版を購入する事も検討してください。

または、前のWindows XPやWindows 95、98、Vista、7のパソコンを
もう一度出して使い直すか、別に用意して起動してみてください。







ウィンドウズ 7/8/10 | インストール
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-597.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.