パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windowsは別のPCやUSB外付けHDDケースで起動できない?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windowsは別のPCやUSB外付けHDDケースで起動できない?
Windows XPやVista、7、8』などマイクロソフトのウィンドウズの
オペレーティングシステムをインストールしているパソコンが何らかの障害で、
パーツのどこかに異常が出てしまったとします。

Windowsのシステムそのものには異常がなさそうなものの、マザーボードから出るビープ音や
ディスプレイの表示の変化から判断して、メモリやCPU、グラフィックカード、モニターといった
重要な部品が壊れて替えの部品の交換などの作業が必要になり、すぐに直しにくいこともあります。

緊急で使わなければならない用事があるので、ひとまずWindowsだけ
何とか一時的に起動したいけど肝心の本体が壊れているため、

そこでパソコンの中の「Windowsが入ったプライマリのハードディスク」を、
一度本体から抜き取って、別のPC本体に交換や増設で組み込むか、
外付けハードディスクケースなどに取り付けてUSB接続してから
BIOS設定を変更して、一時的に立ち上げることはできる?という疑問について。

HDD取り外し

まず結論から書きまして、実行しようとすれば起動できる場合もあるのですが、
パソコンやOSの状態によっては正常に立ち上がらないケースが多いです。

また、Windowsの入ったパソコン本体を購入した時点で大抵はすでにハードディスクに
プリインストールされていて、OSの起動ディスクも同梱されているために最初は間違えやすいのですが、

LinuxのUbuntuやKnoppixと違ってフリー配布のオペレーティングシステムではなく、
Windowsもあくまで有償の基本ソフトなので、1ライセンスで使用ができるのは
1台のコンピューターにつき製品1つまで、という決まりになっています。

基本的に2台以上のパソコンで使うと使用の際の規約事項の違反になるため、別のパソコンで
同じWindowsディスクのプログラムを使う場合は、前のPC本体ではもう使わずに削除して、
新しく読み込む方のパソコンに改めてインストールして使い直す事が原則として必要です。

自作で組み立てたパソコン本体などにご自身で店舗で購入された
パッケージ版のWindowsのインストールディスクを使用されている場合は、
別のパソコンでインストールし直して再認証して使う、という具合になります。

ですが、市販されているメーカー製のPCに入っている『プリインストールソフトウェア』の
Windowsの場合はそのパソコンのハードウェアやソフトウェア向けにカスタマイズされた
独自のデバイスドライバが入っている物も多いです。

そのため、別の機種のパソコン本体にそのOSが入ったHDDを交換・増設したり、
外付けハードディスクのUSB接続による立ち上げを行おうとすると、パソコン内部のパーツや
デバイスドライバが違うため、動作環境を満たせず、正常に起動できないこともあります。

「A problem has been detected and windows has been shut down
to prevent damage to your computer.~ STOP: 0x0000007B」
などの
ブルースクリーンの画面が出て、すぐにBIOSのロゴ画面に戻ってしまい、
そのループ状態が繰り返されて先に進まないトラブルも起こりやすいです。

ブルースクリーン

また、例えば64bitのWindows7やWindows8を入れたハードディスクを
32bitのWindows XPのOSを使っていたPCに入れ替えて起動しようとしても、
メモリの容量など部品面の動作環境が劣るために正常に使えない可能性もあります。

グラフィックボードやサウンドカード、USB3.0インターネットカードといった各パーツとそれらの
デバイスドライバなどが違ってくる場合も多く、パソコンの中身が違えば違うほど、
やはり同じOSを開くのが厳しくなります。

また、そのHDDのオペレーティングシステム自体が不調を起こして破損してしまうおそれもあります。

同じような型番の部品を組み合わせて作った構成のパソコン同士や、ほぼ同じ時期に購入して
同じようなパーツで受注したBTOパソコンなどの場合でしたら、まだ開ける可能性もあります。

ですが基本的には成功の確率、規約などの面で、
やはりそのままHDDを別のパソコンに移し替えて無理に開くのは控えましょう。

OSを立ち上げずに、外付けハードディスクケースやUSB変換ユニットで
普通に「リムーバブルディスク」として別のパソコンに接続して、
別のWindowsのソフトが入ったパソコンで外付け記憶装置として開いたり、
MacやUbuntu、Knoppixなどの違うOSで読み込む事は法的にも大丈夫です。

あくまでウィンドウズをそのまま別のパソコン本体で起動しなければ良いので、壊れたパソコンの中の
ハードディスクを取り出して、別に立ち上げたOSから外付け記憶メディアとして開いて、
内部の必要なデータをバックアップして回収したりする事はできます。

他にも一例として、今使っているWindows 8のシステムかHDDが故障したため
前に同じPCを使って別に入手したWindows7やWindows XPをインストールした
別の古いハードディスク」を交換・増設してそちらを起動するか、

その別の古いハードディスクを外付けHDDケースかUSB変換ユニットに取り付けて
BIOS設定を変更してUSBブートで立ち上げたい、という場合も問題ありません。

BIOS画面

特定のアプリケーションソフトをすぐに使いたい、という場合は
別のパソコン本体を一台用意して、そちらの方で使用してください。

そして故障した方のPC本体はその間、じっくりと状態を見て部品を交換するか、
パソコン修理サービスに出して、原因を特定して直してもらってください。







パソコン修理とは? | Windows 全般
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-596.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.