パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【iPhoneを別のWi-Fiでネットに繋げる活用法】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
iPhoneを別のWi-Fiでネットに繋げる活用法
米国アップル社から開発・販売されています多機能型携帯電話
『iPhone』(アイフォン)は、電話を使う以外にも
メールをしたりインターネットを開くなど、便利な機能が多数搭載されています。

しばらくiPhoneを使い続けていて、ある時に他の電話会社に契約をして
新しい携帯電話やスマートフォンに機種変更をしたり、

少し前の世代のiPhone3Gs等からiPhone4やiPhone5の新しいバージョンの製品に
買い換える事になった時は、
それまでに使っていた機種ではもう電話を繋げない場合が多いかと思います。

ですがiPhoneはiPadと同じタブレット型のモバイル・コンピューターで、
契約を止めて電話やメールを使わなくなっても、
他の数多くのツールやアプリは大半を引き続き、使用していく事も出来ます。


[連絡先]や[メモ]、[計算機]、[カメラ]、[写真]、[時計]、[iPod]などの機能は
電源ボタンを押してホーム画面を開く事ですぐにそのまま使用できます。

ですが、[Safari]や[YouTube]、[iTunes]、[App Store]、[天気]、[マップ]
といった機能は、インターネットの回線を別のWi-Fiから新たに接続して
ネットワークにアクセスして使う必要があります。

そのためには、これまでに契約していた電話会社のサービスとは別に、
無線LANルーター等を経由したワイヤレスのインターネット回線を新しく契約します。

そして自宅や自社から無線でモバイル・コンピューターに
インターネットを繋げられるように環境設定を整える必要があります。

もしすでにWindowsのノートパソコンやMacBook、
またはiPadやXperia Tab、ARROWSなどのタブレット端末をお使いであれば、
そのコンピューターに接続している無線LANのサービスとルーターを経由して、
iPhoneを新しく対象の機器に加える事もできます。

iPadやiPodを持っていないのでiPhoneでiOSやAppleのサービス、
iTunes等の便利なアプリを引き続き使いたい、という際にとても便利です。


Wi-Fiへ接続する手順


まず無線LANサービスに接続する場合は、ルーターの電源を入れて、
アクセスランプを見て電波が繋がる状態になるのを確認します。

iPhoneを起動してメニュー画面を開き、
「設定」⇒「Wi-Fi」と進み、オフの状態を「オン」にします。

「ワイヤレスネットワークを選択」の項目に、
ルーターの「SSID」の文字コードが表示されているのを確認したら、
PIN(パスワード)を入力します。

ルーターごとのSSID(アカウント名)とPIN(パスワード)は
ルーターの蓋を外してバッテリー付近に貼ってあるシール等を見て確認します。

モニター画面の上部にWi-Fiの通信マークが表示されるのを確認します。

(電話の契約を切っている状態だと、一番左は「圏外」と表示されます。)

Wi-Fiの接続状態

そしてSafariのブラウザを開いて、インターネットが繋がっている事を確認します。

また、前に作成して登録していた[Apple ID]を入力してサインインし、
再びiTunesやアップルストアを使い続けて活用する事もできます。

最近出た新しい機能やサービスを使う時は、パソコンと同期してiTunesを起動し、
iOSを最新のバージョンにアップデートしなければならない場合もあります。

(ちなみにXperiaなどAndroidを使った他のスマートフォンも、
多くの機種では同じように電話の契約を解除した後からでも
ルーターの経由で無線LANにアクセスする事は可能です。)



インターネット環境をまだ繋げていなかったり、有線ケーブルしかない場合は、
新しくプロバイダと契約してルーターを購入する必要があります。

またはルーターを用意していなくても、空港や新幹線、ビジネスホテルでなら
一時的にWi-Fi(ワイファイ:Wireless Fidelity)の
ネットワーク接続サービスを利用してインターネットを開いたり、
他の通信機能のあるアプリを使う事もできます。

(アカウント名とパスワードを係員の方に訊く必要が出る場合もあります。)


※注意点としまして、個人で契約したネットワークのサービスの場合、
一つの契約サービスで一度に使用できるコンピューターには
台数の制限が出てくる事もあります。

例えばデスクトップパソコンやノートパソコン、iPadなどで
すでに複数のコンピューターで無線LANを使っていると、
後から接続するiPhone、または他の端末がネットに接続できないケースも
ありえますので、その時は一度ルーターの電源を切って、リセットをして下さい。


iPhoneは一定時間起動させずに使用していなくても、
数週間以内であっという間にバッテリーが尽きてしまい、
その都度起動し直すたびに時計合わせ等を行う事になります。

なので電話の契約を止めた後でもある程度、定期的に使う際には、
時々電池の残量を確認して充電を行って下さい。


また、頑丈なiPhoneもやはりコンピューターなので、
日光の差す場所や暖気、冷気が当たりやすい位置、電磁波や湿度の強い所など
機械が傷みやすい場所にそのまま置いておかないようにしましょう。

床の上に置いておいたり、ポケットに挟んだままにすると
うっかり踏みつけたり圧迫してiPhoneの画面や基盤、ケースを
割ってしまうおそれがあるので、普段は安全な位置にしまっておいて下さい。

iPhoneは基本的に個人でパーツを分解して交換する事ができないので、
もし物理的な破損が出てしまった可能性が考えられる時は、
アップルサポートか専門のサポートセンターに問い合わせを行ってください。







ハードウェアの不調 | iPhone
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-585.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.