パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンの立ち上げが遅い時の対応策】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンの立ち上げが遅い時の対応策
パソコンは電源ボタンを押してから主にまずBIOS画面が表示されて、
次にOSのロゴマークと読み込みの画面、
そしてユーザーアカウントの認証画面、デスクトップ画面、と移ります。

(Windows 8の場合は間に壁紙が表示されて、
基本設定ではデスクトップではなくスタート画面が表示されます。)

しかしこの間で やたら立ち上げにかかる時間が遅くて効率が良くないので
待ち時間を短くするには具体的にどういった対応策がある? という疑問について。


コンピューターを最適化


まず基本的なカスタマイズ方法として、現在お使いのパソコンの性能を見直して下さい。

例えばメモリの容量が低いと処理速度が落ちやすくなります。

1GB未満のメモリを1枚使いの場合は、もう1枚同じ容量のメモリを購入して
マザーボードの空いたスペースに増設して2倍にしてみましょう。

またはOSの最大容量に合わせて2GBや4GBのメモリを1枚~4枚
コンピューターに搭載して、大幅に容量を上げてみて下さい。

今お使いのオペレーティングシステムが
Windows VistaやWindows XP、Me、2000などの少し前のバージョンの場合は、
大きく処理速度が向上した[Windows 7]に変えてみるのもおすすめです。

Windows7やWindows8にはこれまでのバージョンにはなかった
優れたお役立ち機能も標準で多数搭載されています。


また、電源のシャットダウンや再起動を頻繁に行うとその分、
終了と立ち上げど動作に時間がかかり作業ペースも遅くなるので、
少し席を立つだけの時などは[スリープモード]にしておくと大変楽です。

ボタン一つですぐOSのデスクトップ画面の立ち上げ直しができるので、
日々スリープ状態を多く使うのも一つの対応策のコツになります。

また、[Windowsキー+Lキー]を入力すれば
パスワード入力画面に移行して、Windowsをロックできます。


他にデスクトップ画面上にショートカットアイコンが多すぎると
アプリケーションが使えるまでのタイムラグがかかりやすくなります。

必要のないユーティリティーやショートカットアイコンは削除して、
あまりローカルディスクにも負担をかけないよう定期的に整理して使うと、
PC立ち上げの全体的な速度が遅くなった分も元に戻ってきます。


速度を重視するなら、HDDをSSDに交換して使ったり、
SSDを増設して速度向上のためのパーツとして最適化する方法もあります。

CPUやマザーボードの性能なども処理速度に関わってきますので、
余裕があれば他のパーツも高性能の製品に交換していくか、
もしくは本体を丸ごと買い換える、というのも良いでしょう。

自分でカスタマイズの設定をしていくのが難しい時は、
パソコン修理サポートやシステムサポートを実施されている
コンピューター関連のサービス業者に依頼をして、
OSやパーツを交換して最適化してもらうのもおすすめです。







起動しない状態を直す |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-564.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.