パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【家庭向けPCのメインメモリを16GBに拡張】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
家庭向けPCのメインメモリを16GBに拡張
近年の家庭向けのパソコンはパーツ・OSともに、
ハイスピード化・大容量化、低価格化が急速に進んでいます。

例えばWindows 7 Home Premium(ウィンドウズセブン・ホームプレミアム)の
64bit版OSは現在、メインメモリを最大16GBまで対応できるため、
それまでの最大4GBのPCと比べてはるかに高性能に進化しています。

実際に16GBのメモリを搭載すると、例としてこの写真のようにマザーボードに4GBのメモリを
4枚搭載する形か、または8GBのモリを2枚搭載する形になります。

4GB×メモリ搭載

今現在の使い方によっては、あまりグラフィック画像や大容量のプログラムなどを
取り扱わなければ4GBくらいで十分な場合も多いのですが、近い将来に容量を使う
アプリケーションなどを取り扱う予定があれば、16GBのメモリに換装するのも良いでしょう。

メモリの付け方自体は簡単で、PCケースの蓋を外してメモリスロットにそれぞれのカードを
取り替えて、しっかりとはめ込んで固定して、交換作業は完了です。

メインメモリ

取り外した古い方のメモリが128MB、256MB、512MBくらいの容量だと
今の時代の性能にはあまり追いつけないので、他のPCの補助か予備として
一応取っておく、くらいの使い道でも良いでしょう。

Windows XP Home Edition32bit版などの以前のOSの多くは最大容量が4GBだったりと、
16GBのメモリに対応できないので購入前にはご注意下さい。

またマザーボードやCPUなど他のパーツの性能が低かったり、
内蔵ハードディスクの容量が少ないとせっかくメインメモリを16GBにしても
スペックのバランスが整わず、十分に性能が生かせない可能性もあります。

お手持ちのPCの性能がどれも低い場合は、新しくBTOパソコンを買ってパーツを
それぞれ選んで注文したり、自分自身で各部品を選んで買ってから自作PCとして
丸ごと中身のパーツをほとんど入れ替えて作り直す方法あたりがお薦めです。







メモリ容量の解消 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-543.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.