パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【使わなくなった古いパソコン機材を処分する時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
使わなくなった古いパソコン機材を処分する時は?
パソコンとその関連の機材を買って何年も使っていくうちに、
使わなくなる機材が次第に自宅、自社内にだんだん増えていきます。

特にパソコン本体を買い換えると前に使っていたマシンの付属品の多くを
使わなくなりやすく、1~3年おきに繰り返し買い換えていくと、
古いPC本体も何台かたまって、そのうち置き場に困るようになってしまいます。

デスクトップパソコン用のモニタも、はじめは15インチで表示解像度が1024×768の
ディスプレイを使っていて、そこから20インチの大きなモニタに買い換えて、
更にしばらくしてから24インチのモニタに買い換える、という具合に入れ替えると、
前に使った15インチのモニタが不便に感じて使わなくなる、という場合もあります。

また、一昔前の最大容量が低いUSBメモリやSDカード、xDピクチャーカード、
マルチメディアカード、スマートメディア、メモリースティック、MOなどの装置も、
新しく容量の多い記録メディア製品を買っていくうちに使わなくなるかと思います。

他にも、使い込んでだいぶ汚れたキーボードやボール式のマウス、電源コード、止め具、
付属のスピーカー、説明書、古いバージョンのアプリケーションソフトのCD/DVDディスク
など、色々な機材関連の付属品が次第に増えていきます。

しかし廃棄処分に出す前に、本当にもう使わないかどうか最後に一通り確認しましょう。

例えばメモリは別のパソコンに増設できますし、
メモリーカードは小さいファイルのみの読み込みに便利です。
モニタはノートパソコンの方に接続して拡大画面として使い直す事もできます。

まだ壊れていなくて使えるけど、容量や性能、バージョンなどの理由で
もう使わわなくなる機材が増えてきたら、そのまま置いておいても
置き場のスペースや掃除に困るだけなので、時々思い切って
使わなくなった物とまだいる物を分けて整理をして、廃棄処分に出す必要もあります。

基本的に電子機器の機材は家電リサイクルで有料で引き取ってもらい、
取扱説明書や包装のダンボールや発泡スチロールは資源ごみの日に出します。

その際、大事なメモ書きをした用紙や登録証、保証書など大事な紙を
うっかり一緒に捨ててしまわないように注意しましょう。

ハードディスクドライブを処分するにはパソコン本体から必ず取り出して、
データの完全削除をデータ消去サービスに依頼して処分してもらいましょう。

USBメモリやDVD-RAMなども重要なデータを書き込んでいた場合は同じです。

メモリやCPU、グラフィックボード、USB3.0インターフェースボードなど
まだ使えそうなパーツを取り外して取っておくと後々に別のPCにパーツを
増設したい時や、緊急トラブルの発生時に役に立つ場合もあります。

まだ十分に使える機材は知人にあげたり、リサイクル品として買取してもらったり、
バザーや通信販売に出品してみるのも有用な活用方法です。

また、OSやどこかのパーツなど一部が故障しただけなら、ちょっとした修理作業を
PCトラブル解決サービスに注文して行ってもらえばすぐに使い直せる場合も多いです。







セキュリティ保護 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-538.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.