パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【メモリを最大容量まで増設して搭載】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
メモリを最大容量まで増設して搭載
パソコン内部のマザーボードに装着されている一時記憶装置の
「メモリ」(memory・ストレージ)は、容量の大きさによって
コンピューターの処理速度が決まる一つの要素でもあります。

パソコン一台に搭載できるメモリには「最大容量」という限度があるのですが、
この容量の規定値以内ならどれだけ大きな数値でも大丈夫です。

容量が大きいほどコンピューターの処理速度も速くなって快適に使用できます。

各PCで現在搭載しているメモリの容量をチェックするには、スタートメニューの
「コンピューター」(マイ コンピュータ)を右クリックしてプロパティを開くと、
実装メモリ(RAM)の項目に数値が表示されます。

パソコンを購入した時よりもこの数値が低ければ、その差し引き分だけ
メモリを交換したり増設をして増やす事が可能です。

「Windows XP」や「Windows Vista」、また32bit版の「Windows7」のOSは
最大容量が4GB(ギガバイト)までとなっています。

買って最初の段階ではメモリが1GBや2GBしかない事も多いので、
パソコン本体の購入の前にもよくスペックを確認していきましょう。

少し前の世代のPC本体だと「2GB」が最大容量となっている製品も多いので、
今のコンピューターのソフトウェアを動かすにはややスペック不足になる場合もあります。

64bit版のWindows7のOSを搭載したパソコンが唯一、16GBまでのメモリ搭載が可能です。

現在、16GBは8GBのメモリを2枚取り付ける事で搭載可能です。
しかし8GBだけでも大体は十分に速いスピードで使用できます。

Windows タスクマネージャーのパフォーマンスのタブ画面を見て、
ハードディスクドライブに一時的な記録場所として使われている仮想メモリの数値が
だいぶ大きい場合は、メモリを最大容量まで増設してみましょう。

ですが、読み込み速度が遅いトラブルの原因はメモリの少なさだけでなく、
CPUやマザーボードの性能、ハードディスクの空き容量、アプリケーションの稼動数
などによっても起こりうるため、コンピューター全体の性能や使用状況のバランスを
よく確認して、どの部分が特に問題があるかチェックする事も大切です。







メモリ容量の解消 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-536.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.