パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windowsを強制シャットダウンしてエラーを修復するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windowsを強制シャットダウンしてエラーを修復するには?
Windows7やWindows 8/8.1、Windows 10のパソコンを使っている最中、
ごく稀に何かのソフトウェアのエラー障害などにより、マウスやキーボードでの
通常の操作が受け付けなくなって、フリーズしたように見えるケースがあります。

起動中のソフトウェアだけが不具合を起こして止まったのなら画面右上の
赤い×ボタンを押すか、Alt+F4キーでアプリケーションを強制終了出来ます。

しかしごくたまに、Windowsの操作自体にまでエラーの影響が出て、
通常の入力を受け付けなくなってしまう事があります。

そんな時にはやはりWindows自体を一度閉じて、パソコンをシャットダウンしてから再起動して
やり直すのが一番手っ取り早くて確実な、問題の修復の方法です。

タスクマネージャの起動


まず、キーボードの「Crolキー」「Shiftキー」「Escキー」の3つを同時に押して
タスクマネージャが開けるか試してみてください。

開けたら実行中ソフトの項目を選択して「タスクの終了」を押すと画面を閉じられます。

タスクマネージャーが開けないか、もしくはソフトを閉じても操作ができなかったら、
次は「Crolキー」「Altキー」「Delキー」の3つを同時に押して、
青色と緑色背景のセキュリティ画面を開きます。

右下にある赤い電源ボタンのアイコンを押してシャットダウンを選択するか、
画面中央に出ているメニューの「タスクマネージャーの起動」をクリックして
ユーザーのタブにある「切断」を押して、強制終了させてみてください。

これらの操作も受け付けない場合はパソコンがフリーズしている可能性が高いので、
本体の電源ボタンを数秒間押し続けて、物理的にシャットダウンしてください。

大抵の場合でしたら次回の起動時に何事もなくエラーが修復されて無事に機能が復活しています。

しかし保存や上書きをしていない作りかけの新規作成ファイルなどは
シャットダウンで消えてしまうのでご注意下さい。

Microsoft Office等の一部のソフトなら、回復機能が作動して直前の状態に復帰できる場合もあります。

シャットダウンでも問題が直らず、パーツの故障やスペック不足が発生していたり、
なかなか原因がわからない、という際には、専門のパソコン修理サービスに問い合わせて
問題を修復してもらわれることもおすすめします。







ウィンドウズ 7/8/10 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-521.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.