パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Macがフリーズした時の強制終了の仕方】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Macがフリーズした時の強制終了の仕方
アメリカのApple社から販売されている
Macintosh(マッキントッシュ)のパソコン上では、
近年のiMacやMacbookなどの新製品の登場とともに、
Mac OS Xの性能も年々進化していてとても快適に使えます。

しかしそれでもやはりコンピューター上ではどうしても時々
エラーや容量の負荷といったアクシデントが原因で、
展開中のプログラムがフリーズ(ハングアップ)して止まってしまい
何も入力がきかなくなる事があります。

お使いのアプリケーションソフトウェア、またはシステムが
フリーズして操作ができない時の強制終了の仕方について。


まず数分ほど待ってみて、やはりフリーズしたままの時は、
Mac OS Xのデスクトップ画面上部の左側に出ている
アップル型のアイコンを押して[アップルメニュー]を表示します。

「強制終了」の項目を押すと『アプリケーションの強制終了』というバルーンが開きます。

(またはOptionキー+Commandキー+Escキーで開きます。)

起動中のアプリケーションの名称一覧から
閉じたいツール名を選択して「強制終了」のボタンを押します。

そのまま直接パソコンを閉じたい場合は、
アップルメニューで「システム終了」か「再起動」を選択します。

(またはReturnキーを入力します。)

「コンピュータを今すぐシステム終了してもよろしいですか?」
というバルーンが表示されたら、「システム終了」ボタンを押して、
電源の起動をシャットダウンします。


もしマウスでカーソルが動かず、キーボードの入力もできずに
全体がフリーズしてしまいこれらの操作がきかない状態の時は、
Macパソコンの電源ボタンを長押しすると、強制終了できます。


あまり何度もフリーズが頻繁に起きたり動作がすぐ遅くなる時は、
お使いのOSやアプリケーションの状態を一度見直してみましょう。

マシンのスペックが低いためにすぐ止まってしまうようなら、
メモリの増設やCPU、マザーボードの交換などを
パソコン修理サービスで行ってもらう事もおすすめします。







強制終了・シャットダウン |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-51.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.