パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windows7の起動が遅い原因は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windows7の起動が遅い原因は?
Microsoftで現在最新のOS(オペレーティングシステム)の
Windows 7(ウィンドウズセブン)をインストールしたパソコンの
起動時間や読み込み速度がなぜか遅い、重い、という場合について。

まず、現在使っているパソコンは、最近購入した新品のマシンで元々Windows7が
入っていた物であるか、または以前に買ったマシンにWindows7をインストールした
物であるかどうかで少し違ってきます。

何年もずっと同じPC本体を使っていて、それまではWindows XPかVista、2000、98等の
OSを入れていて、最近Windows7にアップグレードしたか丸ごと再インストールした、
という場合は、マシンのスペックとCドライブの状況を一旦確認してみましょう。

パソコンの起動が遅いのは主にCPUやマザーボード、メモリの性能が低いのと、
ハードディスクドライブに書き込みされているデータの状態が大体の原因です。
以前の古いパーツで構成されたマシンのままWindows7に入れ替えると、
動作環境が十分ではなく、OSの起動やソフトウェアの処理速度が遅くなります。

今のソフトウェアをWindows7で使っていくには少なくとも、
CPUは•1GHz以上、メモリは1GB以上、HDDは16GB以上の空き容量が必要です。
また、PCケースの内部の冷却ファンなどに溜まった埃やごみも除去しましょう。

また、ネットブックの製品は値段の安さが重視されている廉価版であるため、
新品でもスペックがやや低めで、Windows7のスターターが搭載されていて、
普通のデスクトップ来やノートパソコンよりも起動や読み込みは遅めです。

次に、現在搭載されているハードディスク(Cドライブ、Dドライブ)なのですが、
長い間使っていると「レジストリ」と呼ばれるデータの基本情報を書き込む領域が
使用とともに肥大化していき、またディスクの『セクタ』と呼ばれる領域に
ばらばらに書き込まれるようになり、読み込みに時間がかかりやすくなります。

これらを解除するにはアクセサリのディスククリーンアップやディスクデフラグ、
ソフトウェアのレジストリクリーナーやパソコン快適化ソフトなどを使って
レジストリエラーやセクタの断片化を修復していくのが望ましいです。

あるいは、起動が遅くなってきたらWindowdsのOSを再インストールして
初期化する事で、ドライブは丸ごと購入時の状態に戻り、速度も回復できます。







ウィンドウズ 7/8/10 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-508.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.