パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ウィンドウズが終了オプションで終了しない時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ウィンドウズが終了オプションで終了しない時は?
MicrosoftのWindowsパソコンを使った後で、最後に画面左下[スタート]の
終了オプションを押すと、[コンピューターの電源を切る]と表示されます。
(Windows XPの場合。Windows7では【シャットダウン】の項目を押します。)

そこに左からオレンジ色ボタンの『スタンバイ』、赤色ボタンの『電源を切る』、
緑色ボタンの『再起動』が出ますので、そのまま電源を切る時には
真ん中のボタンを、もう一度OSを開き直すときは右側の再起動を選択します。

ですが時々、ウィンドウズが終了せずに何も反応しなかったり、
または何かのメッセージが表示されて、すぐにシャットダウンしない事があります。

最新アップデート版のインストール中


まず理由のひとつとして、「○○を更新中です。」 「設定を保存しています。」
といったメッセージが出ている時は、Windowsのプログラムが最新版に
アップデートされている最中です。

表示されている文章にも書かれています通り、しばらくすれば
自動的にシャットダウンされますのでそのまま置いておいて大丈夫です。
ただ稀に、自動更新インストールの最中に更新エラーやフリーズが起きて
そのまま固まってしまう場合もあります。

それに気づかずに長時間放置してしまうと、過熱でパソコンのシステムやパーツに
損傷が出てしまう可能性もありますので、念のために電源が止まるまでは
どこかに出かけたりはせずに、外出したり就寝する前には
最後にパソコンがちゃんと閉じているかを確認してみてください。

アプリケーションが閉じられない


もうひとつの理由として、それまで使用していたアプリケーションソフトが
全部閉じていないため、まだ稼動中のソフトがあって終了できない状態と
なっている場合があります。

タスクバーを見て、ウェブブラウザや更新中のプログラムを含む全部のソフトが
閉じているかどうかを確認して、まだ残っている項目がありましたら
「上書き保存」または「名前をつけて保存」をして、アプリケーションを閉じます。

PCの起動中に長い間いろいろなソフトウェアや重い拡張子ファイルを開いて
複雑な操作をしていた場合、メモリやCPUの使用量が限界まで使われていて、
その影響でエラーやフリーズ等が起きてしまい、動作速度がかなり重くなって
すぐに閉じられない事もあります。

その場合はパソコン本体の電源ボタンを5秒間ほど押し続けて
起動を強制終了させてみてください。

もし、起動するたびに上記のエラートラブルが頻繁に起こるようだと、
メモリの容量が不足しているか、マザーボード、CPU、ハードディスクの
いずれかが故障を引き起こしかけている可能性もあります。

パソコンのサポートセンターか修理サービス業者で部品を交換してもらうと、
購入時の状態に戻ってその後は終了できない障害が起こらなくなる事も多いです。







強制終了・シャットダウン |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-488.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.