パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【メール本文を開いて見ただけで感染するウィルスとは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
メール本文を開いて見ただけで感染するウィルスとは?
コンピューターウィルスが感染してしまう経路は主にインターネットのスパムページや
Eメールの添付ファイル、プログラムのインストールやセキュリティホールから
侵入するファームウェア、そして電子メールに仕組まれているタイプなどです。

メールのコンピューターウィルスといいますと、まず添付されたファイルを開いてしまうと
感染してしまうパターンが浮かぶ人が多いかと思います。

ですがそれだけではなく、中にはメールを開いて本文を見ただけで
うつってしまうタイプのスパムメールも存在します。

普通のテキスト形式の受信メール本文を開いただけならほとんどは問題のないケースなのですが、
リッチテキスト形式(インターネットのページと同じHTML形式)で作成されている
ページを開くと感染してしまう物が存在します。


プレビューウィンドウによる表示


その受信メールの本文を直接開かなくても、プレビューウィンドウの機能が有効になっていて、
うっかりOutlook Expressなどのソフトで受信して開いてしまっただけでも感染するおそれがあります。

有害なマクロウィルスやトロイの木馬とまではいかずとも、
悪質なスパイウェアが入ってくる可能性もありますのでやはり要注意です。

Eメールのサービスでしたらそういったウイルスプログラムが含まれた悪質なメールは、
ほとんどフィルターによるセキュリティ機能で弾かれるか、
迷惑メールフォルダの方に自動で振り分けられて受信されます。

しかしそれでも100%とは限らず、中にはフィルターや自動振り分けを
かいくぐって受信メールフォルダに来てしまうこともありえます。

見覚えのない怪しそうな宛先やタイトルの書かれたメールは
むやみに開いたり、プレビューで表示されないように日々ご注意ください。

またプロバイダの電子メールは、使っているメール送受信ソフトによっては
スパムの振り分けも曖昧になってしまう事もありますので更に注意が必要です。

ウイルス対策ソフトでの検知


もしメール本文を見ただけでコンピューターウイルスに感染してしまっても、
ウイルスバスターやノートンアンチウイルス、マカフィーといった
優秀なウイルス対策ソフトを最新アップデートして常時監視していれば、
すぐに有害ファームウェアの侵入を検知して、警告画面が表示されます。

全ての作業を中断してすぐにウイルス検索をすれば、大抵は1個~10個位の侵入・感染で済み、
パソコンにほぼ影響は無く、隔離と駆除で対処できます。

念のためにインターネットは一度接続を遮断して、その後
メールのセキュリティ機能を見直して、プレビュー機能も無効に直しましょう。

もしもウイルスが拡大感染してOSや保存データに大きな損傷が出てしまったら、
専門のパソコンの修理サポートサービスで診てもらわれることを推奨します。







ウイルス・スパイウェア |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-487.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.