パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【iPhoneのキーボードで文字入力ができない時に修復するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
iPhoneのキーボードで文字入力ができない時に修復するには?
アップル社から出ているスマートフォン(多機能型携帯電話)のiPhone(アイフォン)は
iPod touchと同じく、液晶画面上に表示されたボタンのアイコンを指で押して操作するタイプの
入力方法ができます。

メモ帳や電子メール、電話帳登録、Safariでのインターネット使用などでひらがな、カタカナ文字や
漢字、英数字、記号を入力する際には、キーボードが表示されますので、ここの文字キーの部分を
指でタッチして、一字ずつ入力して使っていく仕様です。

最初のうちはタッチパッド式のキーボード操作には慣れないと難しく、
一字削除やバックも少し使いにくいかと思います。

ですが次候補の学習機能を使いこなしていったりと、慣れていけばだんだんと
すばやく文字が打てるようになっていきます。

機能的には普通は問題なく使えるのですが、しかしある程度iPhoneを使っていくうちに、
稀に、急にキーボードの入力がうまく出来なくなるトラブルに遭われてしまう事例があります。

例えば返信メールの本文で何文字か入力したら急に画面が閉じてしまい、
最初の画面表示に強制的に戻ってしまう事が事例として報告されています。

変換学習のリセット


このエラーを直すには、まず「設定」アイコンを押して「一般」に入り、一番下の項目「リセット」を押します。

そこの三行目にある「キーボードの変換学習をリセット」という項目を
押すと、キーボード入力がうまくいかない状態を直すことが出来ます。

ただ、iPhoneに今まで学習させた文字変換の優先状態はすべて初期化されます。

リセットを行った後で前のように問題なくキーボードが使えれば修復に成功です。

またアイフォンが突然、メールでもウェブでも、一文字でも入力しようとすると、
画面が閉じるトラブルに見舞われて、メールや検索など、どの入力も出来ずにいる、という際、
スマートフォンではたまに文字入力の仕様などがいつの間にか不調になってしまうことがあります。

新しいiPhoneでも文字が打てなくなって自動的にメニュー画面に戻るトラブルは稀に起こり得ます。

一度入力が入れ替わってしまうとなかなか直し方が見つけにくいトラブルでもあります。

スマートフォンのOSを初期化しても直らず、修理か、機種変更か、という際には、その前に
キーボードの変換学習をリセットして、入力設定の状態を元に戻す機能を使われてみてください。

液晶画面に傷が付いていたり、汚れがひどい場合は
タッチの感度がおかしくなって、そのために操作に不具合が出る可能性もあります。

上記の方法でも元に戻らず、iPhoneの汚れを取り除いて充電をしっかり行っても
やはり操作がうまくいかない、という場合はアップルのカスタマーサポートか
iPhoneの修理サービス店にお問い合わせをして、修復作業の注文をされてみてください。







ハードウェアの不調 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-471.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.