パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコン内部に溜まる埃のクリーニング作業とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコン内部に溜まる埃のクリーニング作業とは?
デスクトップパソコンやキーボード、液晶ディスプレイ、プリンター、
またそれらの機材を配置しているテーブルやパソコンラックは、
置いておくだけで次第に埃や小さいごみがどんどん溜まって積もっていきます。

時々、雑巾がけなどできれいに掃除してホコリを拭き取っていくことが大事です。

しかし外側だけでなく、PCの本体ケースの内側(特にデスクトップ機)にも
カバーの通気口や小さな隙間から、徐々に埃が侵入して溜まっていきます。

ケースの金網部分にたくさんのホコリが付着していると廃熱が悪くなるため
掃除の際にはこれを拭き取ることが重要です。

ですがパソコンを購入してから1年も経つ頃には、ケースの中にあるCPUや電源ユニット、
マザーボードに付いている冷却ファンの羽とその周囲にも、多量の埃が付着しています。

PCの動作遅延はレジストリの肥大化やHDD、メモリ容量の不足だけでなく、
熱の排気が悪くなりCPUなどの部品が熱を持ちやすくなる事でも起こります。

そのまま放っておくと、読み込みのスピードが遅くなるだけでなく
熱暴走による部品の傷みや劣化、ショートによる破損の原因にもなりえます。

OSを再インストールしてもいまだに動作が遅いままで非常に使いづらい、
という場合もありますので、やたら操作が重くなったと感じ始めた時には、
一度ねじを外してカバーを空けて、パソコンの中身を見てみましょう。

CPUファンをはじめつ4つ程の冷却装置のプロペラや金網の埃は特に専用の
掃除用具や面貌を購入して、できるだけ多く除去できるように掃除をしましょう。


ホコリ除去中の注意


ホコリをあらかた取り除いてもう一度パソコンを起動してみたら
フリーズや動作遅延が一気になくなった、という事もよくあります。

プロペラの裏側や真下など、届きにくい部分もしっかりと除去しましょう。

ただし、自分で内部の掃除をする場合は、うっかりケーブルを引っ張って
コネクタや線を切って壊してしまったり、マザーボードやビデオカードなどの
精密部品に傷を付けてしまわないように十分慎重に清掃作業を行いましょう。

また、クリーニング作業中に水滴の付着や静電気の発生が起こってそのまま次に電源を入れると、
それが原因で物理的に故障してしまう可能性もありますので、水気などに触れないように注意します。

ケース裏側の汚れも出来る範囲で落としていくと良いでしょう。

一般個人で掃除するよりも、プロのスタッフの方に行ってもらう方が
安全で、かつ細かい部分の汚れまで綺麗に落としてもらえますので、
パソコン修理サポート店への内部掃除の依頼による解決もお薦めです。







本体ケース・カバー掃除 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-470.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.