パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【バックライトの故障を交換修理する場合は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
バックライトの故障を交換修理する場合は?
バックライト(backlight)とは、デスクトップPCやノートパソコン、
液晶テレビ、携帯電話、iPod、iPhoneといったコンピューター機器の
液晶ディスプレイ(LCD)の画面から当てられる光源の事です。

モニターの液晶自体が発光する仕組みではないため、背面の位置から
光を当てる形の透過型液晶という仕組みが使われています。
近年ではエッジライト方式よりも直下型方式の技術がメインで使われています。

液晶画面の不調


液晶ディスプレイ装置やノートパソコン等のモニターは長く使っていくと、
画面の一部に線が引かれたように映ってきたり、
色が赤や黄色が掛かったようになって見えにくくなる事もあります。

また、画面が暗くなりすぎたり明るくなり過ぎる場合や、モニタの一部の映りが
おかしくなったり、完全に何も映らなくなる場合など様々な種類の不調も存在します。

ディスプレイの回路か液晶パネルが壊れている可能性もあるのですが、
更に奥の背面にあるバックライトに異常が出て画面の映りが変になる事も多いです。
原因は部品の劣化や寿命、または持ち運びの際に受けた衝撃や
高電圧による負荷などによる影響が主に考えられます。

ですがバックライトが破損しただけでそのコンピューター機器自体が
使えなくなるわけではなく、壊れたバックライトを新しいものに
交換する事で再び画面が正常に映り、再度使用出来るようになります。

直す際の基本としては、購入したデジタル製品のメーカー先で
実施されているカスタマーサポートに送付をしてバックライトの交換修理を
行ってもらうのが一番確実です。

また、無料のの保証期間内でしたら、大抵の場合は無償で修理してもらうか、
正常な新品製品への交換を行ってもらえます。
ですが保証の期限が過ぎていたり、保障対象外の破損事例に当てはまる場合は
数千円から数万円くらいのやや高めの費用で修理をしてもらう事になります。

自分自身で対象の電子機器を分解してモニタ部分の部品を取り外して
直す場合は、同じ製品の替えのバックライトを中古品等で用意する必要があります。

ノートパソコンのモニタくらいでしたら比較的簡単なのですが、それでも
ドライバーやニッパーなどの工具を揃えて精密作業の工程を事前に調べて
行う事になり、また全て自己責任の下で作業する事になります。

また、作業中に小さな埃やごみ、湿気、虫など異物が侵入すると他の回路が
支障をきたして更に故障を悪化させるおそれもありますので、
ご自身でのバックライト交換はあまり一般の方にはお薦めできません。

メーカーサポートでのバックライト換装の注文の方で費用が高かったり
お預かり期間に時間がかかりすぎる、という場合は、他の私設で営業されている
家電製品の修理サービス店を当たられてみるのも一つの解決策です。







液晶ディスプレイ・モニタ |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-447.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.