パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パナソニック:Let'snoteのパソコンを修理するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パナソニック:Let'snoteのパソコンを修理するには?
Let'snote(レッツノート)はパナソニック株式会社[Panasonic Corporation]の
代表的なPCとして開発・発売されているノートブック型のモバイルパソコンです。
現在での主なLet'snote型番はC1,F9,N9,R9,S9,T9,W9,Y9 など。

Let'snoteはモバイルパソコンの中でも性能や基本設計が良いとの評判で、
壊れにくく安心して使える製品の一つでもあります。

しかしWindows OS上でのアプリケーションプログラムに不具合が起きた場合は
部品に問題が無くてもやはり調子が悪くなっていくため、なるべく早急に
システム回復オプションや回復コンソールを使った修復や、レジストリの最適化、
HDDの空き容量の確保、不要なソフトウェアの削除といった措置を行いましょう。

ファイルシステムが重度に破損している時は、OSのリカバリーによる
再インストールを行う初期化作業の必要が出てくる場合もあります。


レッツノート本体の破損


レッツノートはノートパソコンであるため、外への持ち歩く機会も人によってとても多くなります。

例として、硬い地面や床、道路にLet'snote本体をケースに収納していない状態で落としてしまったり、
電車やバスで強く圧迫されて一部が割れてしまった場合、また作業中に水や飲料をキーボードの上に
零してしまったり雨に濡れてしまう、といった水害や衝撃による破損で故障する事例も数多くあります。

他、日光や熱気、冷気、高い湿度、潮風、洪水、電磁波、磁気、高電圧など、
Let'snoteに限らずPCの天敵とも言える外的要因は数多くあります。

Panasonicへの郵送


Panasonicにも他のメーカーと同様、ノートパソコンの購入日から1年間、または延長で3、4年間の
保証期間がありますので、その間でしたら、大抵のエラーや故障はそのまま修理してもらえます。

しかし、本体の破損状態によっては有償になる事もあります。

また、期間内に自分で一度でも分解して中身を空けたり部品を換装したことがあると、
保証の対象外になる可能性もあるためご注意下さい。

日本国内で購入されたレッツノートを海外で故障させてしまった場合は事前にグローバルサービスに
登録されておく事で、世界中のどこでPCトラブルが起きても有効期限内はそのまま直してもらえます。

ただ、他のメーカー製のPCと同じくレッツノートのパソコンもサポートに出す場合、郵送までの時間や
休業日も含めて、運送してから修理が完了してお手元に戻るまでにある程度の日数が掛かります。

仕事で使う、といった理由で特にお急ぎの場合は、専門事業として営業されています
パソコン修理サービス店のサポートで修理を依頼して、
即日診断の特急コース等で注文をされてみると良いでしょう。







ノートパソコン |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-445.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.