パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Outlook Expressメールのデータをバックアップする手順は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Outlook Expressメールのデータをバックアップする手順は?
Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)はアメリカ合衆国の企業
Microsoft社(マイクロソフト)による電子メールのソフトウェアです。

GoogleのG-MailやYahoo!メール、gooメールなどのインターネット上にフォルダ保管先がある
Eメールサービスとは違い、送信・受信・下書き保存したメールデータのフォルダは
自宅または自社で現在使われているパソコンの専用フォルダに保管される仕組みです。

そのため、もしも急にOSが破損してWindows画面を開けなくなったり、
内蔵ハードディスクドライブが故障して内部のデータが読み込めなくなった時に備えて、
貴重なメールのメッセージはしっかりと別の記憶媒体に
バックアップを取って送受信したMAILの予備を保存していく事も大切です。

万が一、HDDが壊れるなど重度のハードウェア障害が出たとしても、
コピーした予備のファイルがあれば、また直ったパソコンで閲覧出来ます。

アウトルック・エクスプレスのメールのバックアップ手順はまず、デスクトップ画面または
スタートメニューのアイコンからOutlook Expressの起動画面を開きます。

メニューバーのツールからオプションを開き、メンテナンスのタブを押します。

次に出る『保存フォルダ』にメールのファイルを保管した、
Documents and Settings(マイドキュメント内)などの場所が表示されますので、
このフォルダのパスの文章をメモ帳やWordに書き込みします。

マイコンピュータからCドライブを開き、先ほどの保存フォルダを表示して、
外付けHDDやUSBフラッシュメモリ、MO、SDカード、DVD-RAM/RWなどのメディアに
フォルダごと、または内部の.DBXファイルをコピーして貼り付けます。

そしてパスの書かれたテキストファイルも外付けメディアに名前を付けて保存してバックアップ完了です。

※Outlook Expressのバージョンによっては上記の各メニューの表記が多少変わっていたり、
フォルダが隠し設定になっていてすぐに見つからない時もありますので細かい部分にもご注意ください。

もしもメールのバックアップを取る前にハードディスクが故障しまい中身の全ファイルが
読み出し出来なくなった時は、プロのデータ復旧サービス店にパソコンまたは壊れたHDDを提出して、
中身の回路の分解と抽出によりファイルの回収・復元をしてもらいましょう。







電子メール設定 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-437.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.