パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンを捨てる前にハードディスクを破壊する処分とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンを捨てる前にハードディスクを破壊する処分とは?
大分古くなった使わなくなったパソコン本体や、故障が激しくなって使用できなくなったPCや
サーバ、ワークステーション等の機器を捨てる時は、データセキュリティ上の安全のために、
内部のハードディスクドライブ(HDD: Hard disk drive)を別の方法で処分することが大事です。

PCがほぼ完全に故障していても、HDDのデータの記録部分(プラッタ)に書き込まれているOSや
ファイル、フォルダに損傷がない場合、パソコンごと廃棄処分した後で、万が一それを悪意ある
第三者に拾われて内部の貴重な個人情報やパスワードを読み取られる危険あるためです。

また、近年ではデジタル機器や家電製品は不燃ごみではなくリサイクル処分に出すことが
義務付けられていますので、こっそり燃えないゴミの袋に混ぜたりしないように
きちんと分別を心がけましょう。

リサイクル回収で使わないハードウェア製品を廃品回収してもらうのが
主な処分方法なのですが、ハードディスクドライブや外付けHDD、SSDなどの
記憶装置は、データの完全削除作業や物理的な破壊をしてもらい、
確実に読み込めない状態にしてもらって処分してもらうのが安全です。

ハードディスクの完全消去や、専用の機械を使った物理的な破壊による
破砕消去サービスは、主にデータ復旧サービスセンター
コンピュータ・エレクトロニクス製品の廃品回収処分サービスにて行われています。

HDDだけでなく、USBフラッシュメモリやDVD-RW、SDカード、MO、BD-REなど
他のデータ記憶媒体の破壊による処分も行ってもらえますので
これらを捨てる際にはまとめて破砕消去のサービスに出されるのも良いでしょう。







セキュリティ保護 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-432.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.