パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【富士通製パソコンの故障を修理してもらうには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
富士通製パソコンの故障を修理してもらうには?
富士通株式会社【ふじつう:Fujitsu Limited】とは
日本の大手電機メーカーの一社で、ハードウェア・ソフトウェア共に
コンピューター業界に幅広く進出されています。

主な製品はパーソナルコンピューターにオープン系サーバー、ストレージシステム、
ハードディスクドライブ、ワードプロセッサ、 携帯電話、ネット設備など。

パソコンでは、FMシリーズやFMVシリーズが主に製造、販売されています。

近年では富士通のFMV等に限らず、ほぼすべてのパソコン製品のハイスペック化、
ハードウェアとしての安定化が進み、またOSのエラーの発生回数も
少なくなりましたので、より安心してPCを使用できます。

しかし、以前の古いパソコン本体の場合だと、
現在のアプリケーションソフトウェアの性能にマシンが追いつけず、
システムエラーや部品への負担が出てしまい故障に繋がる場合もあります。

動作の遅さからフリーズ(ハングアップ)が起きてずっと止まったままの時は
リセットスイッチボタンを押してシステムを一度起動し直します。

ブルー・スクリーン(blue screen)が発生した時はWindowsに何か致命的か
それに近いシステム障害が発生している可能性が高いです。

一旦電源を止めてしばらく待ち、もう一度起動してみて、それで開かない時は
セーフモード(前回構成時の起動)から立ち上げてみて下さい。

それでもなおWindows ロゴ画面まで進まない場合は、
OSの上書きインストールか、場合によっては再セットアップして
フォーマットをし直す必要が出てきます。

他の要因として、ハードディスクドライブに不良セクタ(bad sector)が
増えてハードウェア的に損壊していると、OSにも次第に影響が出てきます。

また、CPUやマザーボード、電源ユニットの発熱による機能の暴走
(out of control アウト・オブ・コントロール)が発生したり、
ファンが壊れて回転していないなど、内部の部品が壊れていると、
破損したパーツ新品にを交換してもらわなければ直らない事も多いです、

最近で買ったFMやFMVシリーズで初期不良(initial faiure fallout)が
出ていて、購入した段階ですでに動かなかったり、一週間~一ヶ月くらいの間に
突然動作しなくなった場合は製造段階か物流(出荷)の時に
不備が出ていた場合が多いです。

すぐに買った先の店舗か富士通のメーカーの方にお問い合わせをすれば
初期不良のマシンを新品と交換をしてもらえます。

それ以外のケースで故障した場合も、富士通のパソコン修理便
(富士通パーソナルエコーセンター)に連絡をして、郵送で送るか
専門の宅配業者にお引き取りに来てもらい、直してもらえます。

ただ、無償の修理保証期間が過ぎたあとでは有料になってしまうのと、
引き取りからお届けまで7日間以上はかかってしまいますので、
すぐに直してもらいたい、という時はお近くの別のPC修理サポート店
持っていって即日診断と修復をしてもらうのもお薦めです。







PCサポートサービス会社 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-428.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.