パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ネットブックのOS障害をリカバリーする手順】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ネットブックのOS障害をリカバリーする手順
ネットブック(NetBook)とはASUSTeK Computer社のEee PCをはじめ、小型で機能の幅と
パーツの性能を抑える事で低価格化での販売を実現した廉価版ノートパソコンです。

搭載されているOS(オペレーティングシステム)は主にMicrosoft Windows XPやVista、そして
Windows7 Starter(マイクロソフト・ウィンドウズ・セブン・スターター)が使われています。

安い値段のPC本体がコンセプトにおかれているため、その用途は主にインターネットの閲覧など、
基本的に必要最低限の使い方にまで限られた設計の状態となっています。

そのため、重いアプリケーションソフトウェアを数多くインストールして使用したり、HDDに大容量の
ファイルを格納するのには不向きで、低スペックののネットブックに無理な使い方をしてしまうと
OS障害など故障の原因になってしまう事があります。

普通のデスクトップパソコンやノートPCでMicrosoft Windowsのオペレーティングシステムが
破損して起動しなくなった場合は内蔵のフロッピーディスクドライブかDVD光学ドライブ
Windows起動ディスクまたは再インストール専用ディスクを使用します。

そして再セットアッププログラムや上書きインストール、回復コンソールなどのプログラムを
立ち上げてリカバリー更新作業を実行して、大抵のシステム障害は修復することができます。

しかしネットブックの場合は廉価版で搭載されている部品が限定されているため
CD/DVD/BDドライブの読み込み装置が搭載されていません。

そのため、そのままの状態では、同梱されている起動ディスクを使うことが
出来ないため、外付けのDVDドライブ装置(別売)などが必要になります。

具体的にはネットブックの起動前に外付けDVDドライブをUSBコネクタで接続し、
USBブートでOS起動ディスクを立ち上げてパソコンに読み込ませてリカバリー作業を開始します。

またはインターネット回線を通してネットワーク経由でリカバリプログラムを上手く使用したり、
予め別のパソコンを使って再インストールのソフトウェアを
SDカードやUSBフラッシュメモリにコピーして使う方法も有効です。

しかしUSBコネクタからデバイスが認識されないような重い障害が発生していたり、
ハードディスクあたりが物理的に故障してリカバリー作業が効かない時は、
ネットブックをPC修理サポートサービスに持っていって業者の方に直してもらいましょう。







ノートパソコン |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-418.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.