パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【無線LANの接続状態を修復するコツとは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
無線LANの接続状態を修復するコツとは?
優先ケーブルを使わず、インターネットカードを通した電波のキャッチといった伝送路からつなげる
無線LAN(ワイヤレスLAN)は現在、WiMAXやWi-Fiなど
パソコンや携帯電話、iPodといった様々な製品で使うことができます。

公衆無線LANサービスをはじめ、日本国内のあちこちで使用できるほか、
使用圏内でしたらどこでも送受信してネットワークが活用できます。

しかし逆に、電波の届きにくい場所においてはインターネットや
電子メールのやり取りが使えなくなる、という欠点もあります。

通信がしにくくなる場所
  • 地下施設
  • トンネルビルの陰
  • 地下鉄
  • 電波の発信地から遠く離れた家屋
  • 屋内の一部の場所
  • 特殊な機器の近く
  • 山奥海上
  • 会場など極度に混雑した場所

無線LANの電波を修復するためには具体的にどのように対処すればいい?という疑問について。

次に、WindowsのPCの中のホコリを取ろうとふたを開けてファンの周りのホコリを落としたら、
有線でのネットワーク回線が途切れるようになり、静電気が出そうな筆では掃除をせず、
中身のパーツを取り外したり破損させた覚えはなく、パソコンの外側に繋がっているコードは全部外して、

ふたを開ける際に無線LANルーターもケーブルを全部外して一時別の場所に置いて掃除をして、
PCもルーターも元のように戻したら、数時間に一回くらいの割合で回線が数秒切れるようになり、
ルーターには、4つの差込口があって複数のマシンに3個使っていて、
そのうち一台のデスクトップパソコンだけ回線の切断が起こる、というご質問について。

パソコンでインターネットが閲覧できず、何が原因なのかまったく見当もつかない場合、
まず、パソコンの電源コードやLANケーブルなどの配線をすべて抜いた状態で、
パソコン本体ケースの電源ボタンを数回ほど「空押し」されてみてください。

もし静電気が溜まっていたらこれでパソコン内部から抜けて元に戻る可能性があります。

パソコンの蓋を開けた影響で、筆で埃を問題の部分に飛ばしてしまった影響もありえます。
コンピューターの掃除用の「エアブロー」などで一通りの埃を丁寧に除去すると元に戻る可能性があります。

無線LANルーターの方も一度、電源をオフにしてリセットしてもう一度つなげ直してみてください。

LANケーブルの老朽化や破損が原因で、これで修復できる可能性もあります。

マザーボードかインターネットカードに傷が付いたりして
破損している可能性もあるので、無難に修理を行いたい場合には
やはりパソコン修理のサポートサービスに持込か出張で診てもらってください。

無線LANが繋がりにくく通話や通信、インターネット接続が上手く出来ない時、
上手く通信を修復するコツとして、まずは場所を変えてみる事です。

地下やビルの裏側にいる時は電波が阻害されている場合が多いため、
表の広い場所に出てみましょう。特に駅前など広い場所でしたらすぐに修復がされやすいです。

室内でつながりにくくなったら窓を開けてみたり、見通しの良い場所に
ノートパソコンや携帯端末を移動させて使ってみましょう。

地域の圏外でどうしてもワイヤレスLANの受信が届かない場合は、契約会社の方に一度、
固定電話などででお問い合わせをされてみると、後々解決してもらえることもあります。

他に大雨や台風の日も無線LANが使いにくい場合もありますので、
そういった時には有線ケーブルに切り替えられるのも一つの対処法です。







無線LANルーター |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-404.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.