パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ディスプレイ画面が急に真っ黒になった場合の直し方は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ディスプレイ画面が急に真っ黒になった場合の直し方は?
パソコンの起動中に、ディスプレイ(モニタ)画面が真っ黒になって
何も映らなくなった場合は、まず、マウスを少し動かしてみると直る場合が多いです。

15分~1時間くらい何も操作していないと、自動的にモニタが閉じる設定になっていることが多く、
特にパソコンに異常が起きていなければ、少し操作をした数秒のうちに
再びモニタ画面が映って、真っ黒な状態から元のデスクトップ表示に戻ります。

頻繁にモニタの電源が閉じたり、スクリーンセーバー画面に切り替わるのが
煩わしい場合は、スタート→コントロールパネル→『画面』の
スクリーンセーバー』タブにて待ち時間などの変更を指定出来ます。

一定時間操作を止めていると自動的に休止状態(スリープ)・スタンバイ(待機)のモードに
切り替わるように設定されている場合は電源スイッチボタンを押すことで復帰させることが出来ます。

スタンバイや休止状態の待ち時間や有無を変更したい時は、コントロールパネルの
『パフォーマンスとメンテナンス』→『電源オプション』を開いて各タブ項目から設定の操作を行います。

しかし例外として、いきなり停電や断線、プラグやコードが外れる、といった予期せぬトラブル
が起きて電源の供給が絶たれてパソコン本体ごと、モニタ閉じてしまうアクシデントもあります。

電力の障害を防ぐには、無停電電源装置(UPS)といった予備対策の設備を導入して、
急なシステムダウンを防ぐことも可能です。

ですが、他にもコンピューターのフリーズやアプリケーションエラーが原因で
強制シャットダウンが起きてしまう事もあります。

単に画面が真っ黒になるのではなく自動的に再起動や強制終了が行われてしまい
デスクワークなどの作業も、データが保存されないまま中断されてしまいます。

あまり何度も頻繁にシステムが止まってしまうようでしたら、一度
起動ディスクでOSのリカバリーインストールをされてみると大抵は修復できます。

しかしこの方法は過去のデーターも全て消去してしまうため、その前に
一度パソコンのサポートサービス店に状態を診断してもらわれることをお薦めします。







デスクトップ画面 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-380.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.