パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ハードディスクが壊れたら修理と交換のどちらが良い?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ハードディスクが壊れたら修理と交換のどちらが良い?
パソコンやRAID、サーバ、外付けHDD、プレイステーション3、カーナビ
等の電子機器に記録装置として組み込まれているハードディスクドライブ
(HDD)が壊れてしまい、動かなくなったり変な音がするようになり
不安定な状態になったときは、修理の依頼と新品の交換のどちらが良い?
という疑問について。

まず、ハードディスクが壊れるパターンには、物理的に中身の仕組みが
故障する場合と、OS(システム)が論理的に不具合をきたす場合があります。

システムファイルが破損しただけでしたらOSをリカバリーして
初期化したり、上書きインストールやスタートアップ修復ツールといった
再セットアップ作業で直す事も可能です。

パソコン関連以外で使われるHDDは専門業者の方に直してもらいましょう。

しかし中身のヘッド部分がディスクに吸着したり、モーター軸がずれて
パーツがおかしくなってしまう場合は、自分自身で分解しても
直せないだけでなく、かえって損傷を悪化させてしまいますので、
パソコン修理センターに持っていく必要があります。

ですがHDDはそもそもが消耗品とも呼ばれるほどデリケートな装置で、
わずかにホコリや塵、水分が内部に付着しただけでも壊れかねない程
ですので、たとえ専門業者の方でも物理障害のハードディスクを
直すのは容易ではありません。

また、直った後すぐにまた壊れてしまう可能性もあります。

そのため、損壊したHDDを直接直すよりも、別のものに新しく交換を
行ってもらう場合のほうが実際には多いです。

こちらの方が安く済みますし、新品なのでしばらくは安定して使えるという
メリットもあります。

しかし、古い方のハードディスクに残っているデータは、もしバックアップを
していなければそのままでは回収する事ができません。

そのため、HDDの中身を分解して中身のファイルやアプリケーションプログラム
といったデータを他の媒体に移し変えて修復してもらう、データ復旧サービスを
行われている業者も数多くありますので、貴重なファイルを元に戻したい時は
これらのサポートサービスに注文をされてみると良いでしょう。







パーツ交換・分解作業 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-374.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.