パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【スタートアップ修復ツールでWindowsを回復するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
スタートアップ修復ツールでWindowsを回復するには?
タスクマネージャやリソースモニタのチェックツールを使っていくら状態を確認しても
どうしてもWindowsパソコンの不調の原因がわからずに問題が解決できない時は、
ウィンドウズの再インストールというトラブルシューティングの最後の手段を行う前に、
『スタートアップ修復ツール』という回復機能を使う方法がまだ残されています。

この機能はWindows VistaやWindows7 OS:Home Basic~Ultimateまで、
またWindows8/8.1、Windows10のバージョン、のエディションに使えまして、
まずは同梱されているWindows DVDをPCの電源を入れた時に挿入して、HDDではなく
DVDディスクでパソコンを起動する形でスタートアップ修復ツールを立ち上げます。

最初に『Windowsのインストール』という専用画面が立ち上がりますので、
下部に表示されている[コンピュータを修復する(R)]をクリックします。

次に『システム回復オプション』画面でmicrosoft Windowsを選択して『次へ』を押します。

次の選択メニューでは
  • スタートアップ修復
  • システムの復元
  • Windows Complete PC復元
  • Windowsメモリ診断ツール
  • コマンドプロンプト
の5つのうち通常では一番上の[スタートアップ修復]を選んで自動診断・回復を行います。
表記にもあります通り、[システムの復元]や[Windows Complete PC復元]を選んで、
以前の正常だった時の状態にパソコンを回復することも出来ます。

しかし「スタートアップ修復は問題を検出できませんでした。」という結果が出て
直らなかった時は、不具合の原因となっているデバイス削除の指示などの
指定が書かれている場合は、まずその指示の内容を実行してみましょう。

他のUSB接続機器、Windows DVD以外の挿入ディスク、インターフェースも
一応全部外してみましょう。

マスターブートレコードやレジストリ、BIOS、または部品が壊れている場合など
深刻な破損が原因で通常のトラブルシューティングでは
ウィンドウズが回復できない事もあります。

パソコンを使っていたところ、インターネットがつながらなくなり文字も打てなくなった時は、
付属DVDからの再インストールで初期化すれば、OSの故障のほとんどの場合は修復できます。

ネットが繋がらないというだけでしたら、ネットワーク設定かモデムに原因がある場合があります。

ハードディスクから変な音が出ていたりしたら、
新しいHDDに交換するのでしか直すことが出来ないことが多いです。

また、Windowsのログイン画面には入れるものの、すぐに画面が黒くなり起動しない場合、
どうしたら修理ができる?もしくは自分で直せる?という際、

各ウィンドウズのOSのバージョンのディスク、またはパソコンを購入した時に
付属しているシステム修復のDVDディスクがありましたら、それをDVDディスクドライブに
挿入してマニュアルの手順に従って『システムの復元』を実行してみてください。

これがうまくいかなかったら『再セットアップ』(OSの再インストール)で
購入時の状態に初期化されてみてください。

ほとんどの場合はこれらのリカバリー作業で修復できます。

修復作業が行き詰ってしまった時は、パソコンメーカーの保証サポートや
コンピューター機器の修理サービスセンター店にて診てもらわれることをお薦めします。







Windows OS |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-367.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.