パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【前回正常起動時の構成(詳細)でWindowsを開く方法とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
前回正常起動時の構成(詳細)でWindowsを開く方法とは?
Windows OS(ウィンドウズ)が何らかのエラーやシステムの不具合を起こして
デスクトップ画面やログオン画面が開かなくなった時に、開き直す方法について。

まずはしばらく電源を止めてから再度付け直してみるか、起動直後にF8キーを数回押して
詳細ブートオプション画面を開き、セーフモードで開いてみましょう。

しかしセーフモードを試してみてもMicrosoft Windowsの画面が開けなかった場合、そのまま
自動的に再起動されて、何もせずに再び詳細ブートオプション画面が表示されることがあります。

そこで次に、上下カーソルの真ん中くらいの位置にある項目
『前回正常起動時の構成(詳細)』を選んでEnterを押してみましょう。

前回にウィンドウズの起動が正しく成功した状態の設定で
自動的にパソコンが機能して、OSを開きなおします。

また、詳細ブートオプションはパソコンのBIOS(バイオス)と各部品が
問題なければ、電源を起動してからF8キーを押す事で何度でも開く事ができます。

前回正常起動時の構成(詳細)で起動でOSを無事に展開できましたら、念のために
必要なデータはすぐに全てバックアップを取って、今までにインストール・セットアップした
ソフトウェアや保存したファイルなどを、
アンインストーラーやシステム修復ツール等を使って全て整理・点検を行いましょう。

しかし『前回正常起動時の構成(詳細)』でもWindowsを開けない時もあります。

レジストリに問題があったりワーム型ウイルスが感染している場合など
システムが重大な破損を引き起こしていたり、またはハードウェア(パーツ)が壊れていて
セーフモード自体も使えない状態といった場合です。

再インストールをされる際には、できることでしたら事前に外付けハードディスクや、RAID、NASといった
外部のデータ記憶装置に必要なファイルをバックアップしておきます。

WindowsのインストールCD/DVDでスタートアップ修復ツールや
上書きインストールを試してみるか、問題のありそうなパーツを交換する、といった
パソコン修理サポートに診てもらう、といった別の方法を試されてみてください。







起動しない状態を直す |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-365.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.