パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【iPod nano アイポッド・ナノのデータを復元するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
iPod nano アイポッド・ナノのデータを復元するには?
アップル社より開発・発売されていますデジタルオーディオプレイヤー
【iPod nano】(アイポッド・ナノ)は現在最も需要の高い音楽プレーヤーで、
iPod miniの後継機版として日本だけでなく世界中で親しまれています。

2010年1月現在の最新バージョンは第5世代と呼ばれる、
FMラジオチューナーとスピーカーが新たに加わった8GB~16GBの機体です。

第一世代の頃のiPodにはまだ故障や再生・記録エラーのトラブルが
頻繁に報告されていたそうなのですが、近年のバージョンは
徐々に改善されていき、より快適かつ便利に使用ができます。

しかし、誤って記録したデータを消去してしまったり、
曲ダウンロード中のエラーや衝撃が起きてファイルやシステムに
深刻なダメージが発生してしまうケースは起こりえますので、
こまめに、パソコンや記録カードにバックアップを取る必要性もあります。

iPod nanoのOSシステムはパソコン用のiPodシリーズ専用管理ソフトウェア
iTunes【アイチューンズ】を使って、手順に従って
復元させる事ができますので、もしiPodの動作にも支障が出た場合は
まずはお手元のマニュアルを確認してからiTunesを試してみましょう。

保存していたデータのみが消えた時は、事前にバックアップを取っていれば
USBポートを系経由してパソコンに接続し、コピーしていたファイルを
移し変える事で元に戻せます。

(ただし著作権で保護された音楽などのファイル管理にはご注意下さい)

バックアップが無かった場合は、専門のデータ復旧サービスセンターにて
復元作業を行ってもらいましょう。

また、物理的にiPodが壊れてしまい中身のデータが機器に閉じ込められた
状態の時も同じく、データ復旧サービスにてiPod nano本体の分解により
抽出してもらう必要があります。

物理障害からのデータ復旧の場合はiPod nano本体の修復は難しいため、
新しく買い替えを行う必要が出てくる場合もありますので、
データ修復よりも修理を優先する事も時には大事になる場合もあります。







外部接続周辺機器 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-343.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.