パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【マザーボードの取り付け・配線接続作業の注意点】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
マザーボードの取り付け・配線接続作業の注意点
マザー・ボード(mother board)はCPUや電源ユニット、メモリ、グラフィックボード、
モジュール、ハードディスクなどの部品を総括して接続するプリント基板です。

最も他のパーツと繋ぎ合わせるのが多い部品であるため、パソコン内部の交換修理や増設、
自作組み立てパソコンの製作などPCの部品接続・取り付け作業の際に取り扱いが多くなります。

パソコンの組み立てや換装作業の中でも最も難しいといえるのはやはり、
他の部品よりもずっと複雑な配線接続作業を行うマザーボードの設置ですね。

例えば自作組立のプライムパソコンを組み立てる際、マザーボードを取り付けする時には、
大体最初にネジで固定して設置して、残りの部品を付けていきます。

またすでに完成しているパソコン本体から一番下のマザーボードだけを抜き取って交換する際、
PCケースの大きさが小さいものだと少し作業が大変な事もあります。

パソコンケースからの取り外し


まず、メモリやCPU、CPUクーラーなどのマザーボードに直接付いているパーツは
交換の際に取り外します。

PCケースが小さめのサイズだと電源ユニットやハードディスクドライブ、
USB3.0インターフェースカードやグラフィックボードが
基板に引っかかってしまい抜き取れない、という場合もあります。

その時にはその部品を先に取り外さねければなりません。

パソコンケースのパワースイッチやリセットスイッチに繋がるフロントUSB等の配線や、
各機材の接続コードのコネクタと配線に貼り付けたテープや留め具を順に外してきましょう。

主電源やHDDのケーブルの接続を行うコネクタ(ポート)の
互いの位置などは作業の実施中によく間違えてしまいやすいです。

なので、分解を始める前に先にメモを取ったり写真を撮ってマザーボードと他のパーツとの
配線の組み合わせの様子を記録しておくと、後でわからない事が出てきた時に助かります。

基盤の取り外しは他のほとんどのパーツも一緒に取り外したり
付け替えたりする事も多い難易度の高い作業でもあります。

一般の方であまりコンピューター機器の換装作業に自信が無い時は、
専門のパソコントラブルサポート店に作業をしてもらわれることもお薦めします。







マザーボード |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-338.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.