パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ハードウェアの安全な取り外しの作業手順は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ハードウェアの安全な取り外しの作業手順は?
パソコンにはリムーバブルディスク(補助記憶装置)やプリンター、スキャナー、キーボード、
マウス、ペンタブレットといった外部接続機器を数多く接続することができます。

これらの周辺機器をコンピューターに接続してデバイスマネージャ
認識させた使い終わって、USBポートから抜いて取り外す時の手順について。

ごく稀にシステムやファイルの破損と打った障害が起きるおそれがるため、
なるべくならそのまま抜かない方が安全です。

WindowsのOSの場合デスクトップ画面右下のインジケータ部分にある

ハードウェアの安全な取り外し』 または
ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す』という項目があります。

Windows XPの場合はタスクバーにドライブ装置に緑の矢印がかかったアイコンが表示されています。

Windows 7やWindows 8の場合は「隠れているインジケータを表示します
という三角の矢印アイコンをマウスで一回押します。

左上に『ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す
という表示のUEBコネクタの形をしたアイコンをクリックします。

現在接続されているUSBメモリや外付けHDDなどの周辺機器の名称が項目に表示されます。

また『ファイル名を指定して実行』の入力欄からもハードウェアの安全な取り外しの画面を表示できます。

取り外したい機器をクリックすると、マイコンピューターからリムーバブルディスクのアイコンが消えて
同時にデバイスマネージャの「ポータブルデバイス」にある
機器の名称の表示も消えて、接続・認識が遮断されます。

これでデバイスの安全な取り外しの準備が整ったのでUSBポートからコネクタを引き抜いて完了です。


稀にアイコンや項目を選んで指示を出した後にエラーが表示されて
「取り外し・取り出しができません」といったメッセージが出てくることがあります。

その場合は一度外部接続装置の様子を見て、実行中のプログラムがあったら作業が
終わるまで待って、改めてハードウェアの安全な取り外し作業を行ってみましょう。

もしパソコンへのデバイスの認識に何か異常が見られていたら、コントロールパネル
⇒デバイスマネージャの画面で「ポータブルデバイス」などの欄にある対象の機器を
右クリックして「無効」か「削除」にして下さい。

その後USBポートから取り外して、もう一度再接続を行ってデバイスへの認識を試みてください。







ハードウェアの不調 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-317.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.