パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ハードディスクドライブ不調の時の注意点】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ハードディスクドライブ不調の時の注意点
パソコンの中枢的なパーツのハードディスクドライブの内部回路が
物理的に破損してしまった状態になると、
並みのエラーや故障よりも深刻な不具合が起こりやすくなります。

起動や読み書きの操作が不能になったハードディスクは、
「プラッタ」という記録円盤部分か、そのディスクのセクタに
読み書きをする「ヘッド」や「アーム」の部分が
クラッシュを引き起こしている状態である事が多いです。


一旦作業を中断


まず、「カタカタ…」「コトン、コトン、」「キー…」といった
普段と違う変な音が鳴り響き出したら要注意です。

すぐにすべてのアプリケーションを中断して閉じましょう。

次に、まだ何とかOSがまともに起動できる状態なら
すぐに外付けハードディスクやDVD-R、USBメモリなどの
データ記録媒体を接続してデバイスに読み込みます。

そして普段使っているバックアップツールを使うかもしくは手動で、
パソコン内部の大事なデータをバックアップして予備分を保存して下さい。

その作業が終わったらそのまま電源をオフにします。

ひとまずそれ以上はパソコンを起動しないようにしましょう。

(作業の途中でエラーやフリーズ、急なシャットアウトが起きたり
電源が落ちてしまいバックアップが実行できない時は、
同じくそのまま電源をオフにして、起動しないようにしましょう。)


インターネットの動画で故障の状況が映し出された映像では
ハードディスクドライブの中身が開けられてモーター部分や
破損した内部回路の状態がわかりやすく剥き出しになっています。

ですが、実際にHDDが故障してしまった時は
決して自分で蓋を開けたり分解したりはしないで下さい。

HDDは精密機器なので、プラッタ(円盤)の回路の中に
ミリ単位での小さなごみ埃が入ったり湿気が入っただけでも
更にひどい深刻な物理的破損を引き起こすおそれがあります。

データを取り出したい時は、必ず専門業者の方に発注を行いましょう。


ハードディスクからの異音が鳴りやまない場合
まず自然に直ることはなく、次第に物理障害が進行して
最終的には完全にPCでの認識ができなくなってしまいます。

壊れかけてきたハードディスクはPCケースを開けて
マザーボードから取り外し、パソコン本体から抜き取ります。

そして、新品のハードディスクドライブを購入して
そちらに付け替えて交換を行って下さい。

その後、DVDドライブ装置にOSの起動ディスクを
読み込ませて、WindowsなどのOSをインストールして、
初期化させるのと同じような形でPCを再構築して下さい。

これらの一連の作業を個人で行うのが難しそう、という場合は
専門のパソコン修理業者に注文をして、HDDの交換や
OSのインストールし直しの作業を代行してもらう事もお薦めします。







ハードディスクドライブ |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-311.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.