パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【故障HDDのデータ復旧のためのソフトウェアRAID構築手順】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
故障HDDのデータ復旧のためのソフトウェアRAID構築手順
RAID-(読み:レイド)とは複数台のハードディスクドライブを組み合わせて一つの
大きなHDDのように構築する手法で、そのうち1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、
他のHDDが正常であれば内部データを失わなくて済む事が可能です。

直接、壊れたハードディスクドライブそのもののデータ復旧や修理はできずとも
残りの無事な数台には保存プログラムファイルやシステム設定が
共有されていますので、そこから救出する事ができます。

WindowsのOSでは、ソフトウェアRAIDを作成する機能が付いていますので、
このツールで構成する方法を下記にて記述いたします。


WindowsでのRAID-5作成技法


まずは数台のHDDを用意してデスクトップパソコン等の電子機器に接続、スタートメニュー
⇒コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピュータの管理⇒ディスクの管理で、
複数のハードディスクの準備を行います。(ディスク0の下に、ディスク1・2・3・・・と表示されます。)

使用するディスク全てをそれぞれ、右クリックで
ダイナミックディスクへアップグレード】を選択して設定します。

次に、未割り当てのものをそれぞれ右クリックし、
ボリュームの作成ウィザード】を開き、[次へ]を押します。

ボリュームの種類の選択ではRAID-5など構築に合わせた項目を選択、「次へ」
⇒、使うディスクを全て左側の欄に選択してから「次へ」⇒最後に内容を確認して、構築完了です。

これでメイン以外のHDDすべてが、EやFドライブとして扱われます。

RAIDは物理的故障に強いですが、ワーム型ウイルスやフォーマットなどシステム上の
トラブルに対する防御は変わらないので、OSシステムや膨大な保管ファイルが丸ごと
破壊されたりした場合は再インストールを行うか、その前にデータ復旧サービスセンターに
診てもらって復元してもらうのが確実です。







RAID構成の変更 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-297.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.