パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ディスクデフラグの実行回数が多すぎるとHDDに不調が起きる?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ディスクデフラグの実行回数が多すぎるとHDDに不調が起きる?
パソコンをある程度使っていくと、ファイルやプログラムがどんどん追加されて保存された
データの数や容量の重さが膨大になっていき、少しずつ読み込み・また処理速度が
遅くなっていきます。

そのため、たとえばウィンドウズの場合は、スタートメニュー⇒すべてのプログラム
⇒アクセサリ⇒システムツールにある『ディスクデフラグ』の機能で、
Cドライブの中身を整理して、全ファイルとシステムの配置を最適化すると、
パソコン作業のスピードがある程度まで戻せます。

しかしこの作業は、よほどHDD内部のデータを頻繁に入れ替えていない限りは
数ヶ月に一度行うくらいで十分です。

またWindows8や10の場合は、手動で行わなくても、定期的にローカルディスク(C:)の
最適化が行なわれます。

外付けハードディスクの場合は、最大容量近くまで頻繁に使っている場合は、
時々ディスクデフラグをされた方が良いです。

手順はエクスプローラーの画面の「PC」(マイコンピューター)で
対象のボリュームのディスクアイコンを右クリック→プロパティ→ツール
→最適化→OK、の手順で行います。

最適化のチェックで必要がない、と出た時はディスクデフラグをしても効果は無く、
またローカルディスク全体を時間をかけて整理する大作業でもあります。

あまり何度も頻繁に行うとHDDを傷めて
機器の寿命を縮めてしまう事にも繋がりますので、たまに行う位にしましょう。

またディスクデフラグツールを起動する前には、最適化の前に
すべてのアプリケーションソフトウェアの動作をオフにしてから行われて下さい。

ハードディスクのパーティションを丸ごと整理整頓する作業のため、ソフトウェアのエラーや
バグを防ぐため、最適化を行っている最中は基本的に、何もパソコンを動かさないようにしましょう。







ハードディスクドライブ |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-246.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.