パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ユーティリティーソフトはハードディスク以外で使えない?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ユーティリティーソフトはハードディスク以外で使えない?
パソコンの便利な機能を増やして拡張して、操作性能を向上させていくための、
ユーティリティーソフト(アプリケーションプログラム)は、今や全世界で山のように存在し、
HDDの空き容量内でしたらいくらでもインストール・セットアップして使うことができます。

その際の注意点としまして、ユーティリティソフトは基本的に、パソコンの二次記憶装置
Cドライブ(ハードディスク/SSD)にインストールして使用する
アプリケーションツール、という仕組みになります。

そのため、HDDの空き容量の節約のためにUSBメモリやSDカード、外付けハードディスク
といった外部のデータ記憶メディアにプログラムを保存して使おうとすると、ソフトウェアが
正常に動作しないものが多いため、お薦めはできません。

外付けの補助記憶メディアで開けるプログラムもあるのですが、
外部接続ドライブやデータ記憶メディアが傷みやすく、ファイルも壊れやすいので、
やはり内蔵HDDか外付けHDDにセットアップして作ったフォルダーにしっかりと
アプリケーションプログラムを保存するようにしましょう。

例外としまして、USBブート/CDブート版という、USBメモリやCD/DVDドライブに
ユーティリティーのプログラムを書き込みして、そちらをUSBコネクタ、またはDVDドライブに
挿入するだけで使えるソフトウェアもあります。

パソコンにインストールすると何らかの理由で問題が発生したり、もしくは
一時的にインストールが正常にできない時などにブート起動が役立ちます。

ハードディスクドライブの使用領域・空き領域は
80GB・100GB・320GB・500GB・1TB・2TB・3TB・4TB~と、一基あたりの上限があります。

ソフトウェアのインストールで空き領域が無くなっていくほど動作が重く、遅くなってしまいますので、
残りのデータ空き容量が半分以上を切ったら一度不要なプログラムのアンインストールで整理して、
なるべくパソコンを軽くすることで少しでも快適に使うことができます。







ソフトウェアの問題 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-238.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.