パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【WEBのページやプログラムが壊れて表示されない時に復旧するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
WEBのページやプログラムが壊れて表示されない時に復旧するには?
インターネットで閲覧できるウェブページやネット上のプログラムサービスを自分で
作成・運営・管理していくには、HTML(HyperText Markup Language)のウェブページや
PHP: Hypertext Preprocessor、CGI(Common Gateway Interface)のソースコードなど
プログラムファイルを作成して、ウェブサーバー上のファイルマネージャーに
アップロードすることで行うことができます。

しかしウェブページが正常に表示されなくなったり、検索エンジンシステムや入力フォームなどの
ツールが動かなくなってしまうトラブルは、特に自身で一から作成されるプログラムの場合、
割とよく発生してしまいます。

WEB上のページやプログラムが壊れて表示されない時は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

プログラミングはかなり専門の知識が必要で、正確に作ったはずでも例えば『;』と『:』の文字を
一つ間違えただけでもぜんぜん違う意味としてコンピューターは読み取ってしまいます。

たとえばユーザー様からご相談いただけたトラブルの事例で、
WEBサイトを閲覧しようとすると、時々「IEではこのページは表示できません」と出た時は、
まずその時にF5キーの更新ボタンを押して再読み込みすると復旧できることがあります。

それで一度は開けるようになる状態で、接続の診断をすると、
「接続の問題が見つかりません」と出てしまい、そのうち自然にページは表示されて見れる一方、
ページが見れない時はメール送受信もできず、エラー番号0x800ccc0dと表示される、という場合も、
ネット接続ができていない状態で、すぐに再トライすると送受信できるようになることがあります。

問題が発生した時にモデムのランプは正常に点灯していて、機器情報にアクセスしても
ずっと接続状態でる時は、まず、トラブルシューテイングを実行してみます。

モデムも電源の入れ直し(10秒以上コンセントを抜いて電源を切る)をして初期化し、
LANケーブルも一旦抜いてから再配線します。

場合によってはメールアカウントなどの再設定もして、
パソコン側ではLANネットワークアダプターの確認と診断、リセットでの復旧などをしてみます。

パソコンの診断では問題がなく、モジュラージャックや屋内配線の点検でも問題が無く、
プロバイダー側のメンテナンスや障害情報も確認もして、それでも何故この現象が起きるのか
原因がわからず、改善のアドバイス等を頂きたい、というご質問について。

まず、コントロールパネルで「デバイスマネージャー」を開いて[ネットワーク アダプター]にある
インターフェースカードの名称を 右クリックします。

そして「ドライバーソフトウェアの更新」を行ってみます。

もし可能であれば、「削除」をしてもう一度デバイスドライバをインストールし直してみる方法もあります。

インターネット接続が頻繁に途切れる障害が出始めてから まだそれほど時間が
経っていなければ、「システムの復元」や「システム修復ディスク」などで修理する方法もあります。

コントロールパネル⇒ネットワークと共有センター⇒「アダプター設定の変更」の項目で
ネットワークアイコンを右クリックして「プロパティ」の画面で
「インターネットプロトコルバージョン 6(TCP/IPv6)」のチェックを外して無効にすると、
復旧する場合もあります。

デバイスドライバの更新やTCP/IPv6チェックを外す方法などを試しても同じ状況で、
システム復元は削除していて戻せず、モデム等の一式交換しても関係はなさそうで、
DNSサーバーが上手く働いていない不具合の場合はどうすれば良い?プロバイダか回線側の問題?
という場合については、まず、DNSサーバーに問題が起きている時は
コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」の「ネットワークの問題の識別と修復」を実行します。

「問題を特定できませんでした。」と出て、他のプログラムなども
見つからなかった場合は、セーフモードで試しにパソコンを起動します。

次に、IEなどのウェブブラウザに「IPアドレス」を入力して
ご利用されているISPの管理画面にログインします。

ステータス画面を見て、DNS1/2(プライマリー/セカンダリー)が
自動取得という具合に表示されているか確認します。

また、管理設定の画面でモデムの名称が正しくて、使用されている表示になっているか確認します。

「初期化/再起動」をして設定をリセットして、また新しいファームウェアに更新します。

他に、ファイヤーウォールやウイルス対策ソフトで何か 強固なセキュリティ機能が
引っかかっていたり、ネットワークカードなどに故障が出ていないか、
確認できるようでしたらチェックされてみてください。

またウェブページのHTMLソースでも、<やタグ文字を書き忘れたり、
テキストを書き間違えてしまうと正常にページが表示できなくなります。

そんなミスを少しでも防ぐためには、文法のタグ打ち間違いのチェックツール
などを活用したり、プログラムの作成マニュアルをしっかりと熟読される事が大切です。

また、システム全体が破損してしまった場合はサーバーダウンや
PCの故障といったアクシデントの確認もされてみて下さい。

それでも修復できない時は、システム管理会社やパソコン修理サポート、データ復旧センター
といった各業者様に、トラブルの状況に応じて問い合わせて、診てもらわれることをおすすめします。







ネットワーク |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-215.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.