パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【レジストリエディタでデータをバックアップするには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
レジストリエディタでデータをバックアップするには?
マイクロソフト・ウィンドウズのパソコンに搭載されているハードディスクドライブの
記憶領域である「レジストリ」[Registry]とは、OSの基本的な設定のデータベースです。

このレジストリのデータをバックアップすることで、今後、新しいパソコンへの
データ引越しや、HDDが壊れた場合に別のHDDへレジストリの復旧作業を楽に行うことができます。

Windowsのオペレーティングシステムには『レジストリエディタ』という専用の
アプリケーションツールが用意されていますので、これを使用することでバックアップができます。

まずスタートメニュー⇒『ファイル名を指定して実行』のボックスに「regedit」と入力
⇒OKを押すとレジストリエディタが起動します。

Windows 10(ウィンドウズ・テン)の場合は、デスクトップ画面左下の
「ここに入力して検索」の欄に「regedit」と入力して、青いブロック状のアイコンの
「コマンドの実行」を押して、レジストリエディターを開きます。

メニュー項目の「ファイル」にある[エクスポート]で
登録ファイル(reg)に名前を付けて、外部の外付けハードディスクなどの接続機器に保存します。

これでデータのバックアップが完了です。

後にレジストリを復元させる時には、メニュー項目のインポートら読み込ませて
バックアップデータを取り込むことができます。

しかしパソコンの電源やWindows自体が起動できない障害が起きた場合は、
先にPC修理サービスセンターにて、修理を完了させてから行われることをおすすめします。







ソフトウェアの問題 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-205.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.