パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【デスクトップ型パソコンが停電で電源切れした時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
デスクトップ型パソコンが停電で電源切れした時は?
デスクトップ型パソコンの数少ないデメリットの一つに、落雷や台風・洪水などによる
突然の停電(電力の供給ストップ)により強制終了してしまうという難点があります。

ノートパソコンでしたら搭載されたバッテリーにより電源コードからの電力が急に途絶えても
まだしばらくは起動が保てるのですが、デスクトップは電源コードが抜けてしまったり
停電で電気が止まった瞬間に強制終了されてしまい、
上書きしていないデータの損失やシステム損壊のトラブルに繋がります。

自家発電機や無停電電源装置-UPSなどの予備対策をしていれば停電が起きても保護できます。

しかしすぐにデータを上書き・バックアップ保存しておき、停電が回復するまではパソコンを閉じて、
電源コードも抜いておきましょう。

コンセントを指したままにすると落雷の影響や復旧した直後の高電圧がかかり
電源ユニットやマザーボードが焼き焦げて深刻な故障を招いてしまうおそれがあります。

復帰後にWindowsがすぐに開けなくなる事もあるのですが、大体の場合でしたら
スキャンディスクセーフモードで元に戻ります。

また、iPadなどで先日まで電源も付いて使えていたのが、電源を付けようとしたら画面が真っ暗で
反応せず、パソコンに繋いでもiPadは画面が付かず、iTunesがiPadを認識してくれない場合は、
電池切れやバッテリーの寿命という場合もあります。

ほかにはそれらの原因を除くと、パソコンやモバイル端末の電源が付かない、という点から見て
強い衝撃や水濡れといった影響で物理的に内部パーツが故障してしまっていることもあります。

一般個人で物理的に修理をするのが難しい一部のコンピューター機器は、
カスタマーサポートかパソコン修理サービスに注文をされてみてください。

PCの購入時に付いているマニュアルに書かれています電話番号の連絡先に電話をするか、
お住まいの近くのストアに持っていく、または公式ホームページの
カスタマーサポートに記載されています連絡先に問い合わせをされてみます。

突然電源が付かなくなったり、どうやってもパソコンが開かない時は内部の部品か
システムに大きな損壊が起きている可能性が高いため、無理な起動は控えて
すぐにパソコン・OA機器の修理サポートセンターに診てもらう事をお薦めします。







バッテリー・アダプター |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-193.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.