パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる?
PC本体の内蔵ハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、CF、MO、SDカード、xDピクチャーカード
コンパクトフラッシュなどのデジタルデータの記憶メディアは、差込口(インターフェース)を
SATA/IDEケーブルや電源ケーブル、またはUSBポート、カードリーダー、デジタルカメラ本体
といった電子機器に接続して、データを読み込みしたり、フォーマットを行います。

しかし、これらのHDDやメモリーカードを持ち運びしている最中や、プラグの引き抜きの際に、
誤って曲げてピンやコネクタ部分が折れた場合は、破損したデータ記憶装置から
ファイルは復旧することができる?という疑問について。

まず、内部のプラッタ(円盤部分)やメモリチップ自体が損傷していなくて
ハードウェアが物理的に完全に破損していなければ、基本的にまだ復旧することができます。

無理に何度も読み込もうとしたら、壊れた状態のまま電流が走って内部のディスクやチップに
ダメージが出てしまうおそれもあるため、あまり強引に 折れた補助記憶装置から
データを読み込もうとされないようにご注意ください。

プラグのパーツを交換


個人で直せる場合としましては、たとえばハードディスクの場合は、差込口のプラグが付いた
コントローラーボードをドライバーで外して、別のハードディスクのコントローラーと
一時的に交換することで、読み込みできる可能性があります。

ですが同じメーカーの同じ形状である必要があり、また、最近のSATA製のHDDには
一台ずつ認識番号が設定されていて、コントローラーを換えてみてもコードが合わずに
認識されず、データが開けない場合があります。

micsoSDメモリーカードやMiniSDメモリーカードの「アダプター」が折れたりした場合は、
別のアダプターを購入して、そちらに付け替えればまた開くことができます。

MO(光ディスク)の場合は、ディスクを覆うカートリッジが割れたのみで中身の円盤は
無事でしたら、カートリッジだけ別のMOと一時的に交換して、読み込む方法もあります。

デバイスドライバに完全に読み込めないほどコネクタやピンが物理的に損壊していて、
かつ自身で分解してインターフェースを交換するのが難しいほかのデータ記憶装置の場合は、
専門のデータデータ復旧サービスにて、ファイルの救出作業の依頼をされてみることをおすすめします。







セキュリティ保護 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-182.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.