パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【コンピューター機材の不良品に起こる初期不良を交換で修理】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
コンピューター機材の不良品に起こる初期不良を交換で修理
パソコンの本体とその周辺機器、またデジタルカメラやNAS、サーバ、ソフトウェアなど
全てのコンピューターに関連する工業製品は店頭や製造時の段階で部品や動作に
欠陥がないかどうか、基本的には念入りにチェックされた上で販売されます。

しかし、まれに点検のチェック洩れや郵送過程時の衝撃・初期バージョンのバグ仕様などが原因で
不良品に当たってしまう場合があり、これを「初期不良」と言います。

ほとんどの高価なコンピューター・機材は一年保証期間などの補償サービスがありますので
初期動作不良やボディの傷などが見つかった場合は
購入先の店舗かメーカーに問い合わせをして、良品に交換してもらう事ができます。

その際に保証書が必要になりますので、失くさないようにしてください。

強い衝撃や水漏れの影響といった破損の場合は多くの場合、初期不良交換の対象外になります。
その場合は有償での修理になります。

特に何も自身によるミスでの物理的な破損などがない状態で画面が真っ黒になったりして
修理したい、という際は、購入してから1年~数年以内の保証期間内でサポートが受けられます。

状態によっては電源やモニタ画面のみの修理で済むかもしれません。

しばらく置いておいたら無事に直ることも、それからまた同じ症状になる、ということもあります。

iPadなどモバイル製品の場合は、パソコンにUSBケーブルで繋いで、管理ソフトウェアで同期したり
復元の作業を行ったらアップルのマークなどが出てきて、機能が修復される場合もあります。

また電子機器は、ある程度パーツの駆動を休ませると復活する可能性もあります。

精密機器やエレクトロニクス製品の類は長い間動かしていないで置いておくと、
内部に湿気やホコリが溜まることもあるので、時々起動させた方が結果的に長く使用できやすいです。

ちなみにアップル製品もまた、ネットで購入したのものでもアップルストア店頭への提出も大丈夫です。

保証期間を過ぎてから使い出して初期不良やシステムの不具合・モニタのキズ等が
見つかった場合は有償での修理になる事もあるため、
なるべくは購入後すぐに動作確認をされた方が良いでしょう。

有償でのサポートしか受けられない場合は、即日診断や格安サービスが行われている
私設のパソコン修理店に頼んでみる方法もあります。







PCの故障・エラー診断 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-173.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.