パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【中古パソコンとその内部パーツ、周辺機器も修理してもらえる?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
中古パソコンとその内部パーツ、周辺機器も修理してもらえる?
近年、パソコン・コンピューター機器関連の市場は新品だけでなく、
中古買取・販売の側面でも大変大きなマーケットに発展しています。

大手の店頭・通信販売店では保障期間付きで購入できますので、
多くのユーザーの方々からの需要があります。

しかし中古のPCですので、開発メーカーからの保証サポートなどは付かないため、
購入した後では店頭での補償サービスがメインとなります。

しかしながら新品で買ったPCよりも保障期間は短い場合が多く、
特に内部パーツや周辺機器などの単品は一週間~一ヶ月くらいの短い期間になることもあります。

保証期限が切れた後は、有償になるのですが、修理サポートは
もちろん多くの店舗サービスにて受け付けられています。

たとえば、中古で購入していたDell Vostroのパソコンで電源が入らず、
バッテリーランプがオレンジ4回点滅を繰り返して、バッテリーを外してACアダプターのみでも
電源は入らず、電源ONボタン押し続けて静電気放電は行ったものの
状況に変化はない、という場合の考えられる故障の原因として、

バッテリーの充電残量の低下が起きていて、故障により充電ができない状態になっているか、
あるは電源の寿命による経年劣化、アダプターの故障などが考えられます。

サポートに相談して、部品の交換や修理を行ってもらわれることをおすすめします。

また、一例としまして、中古で購入したWindowsのデスクトップパソコンのスピーカーから
音が出ず、モニターも音は出ず、サウンドカードが付いているもののそちらも使用できず、
という場合、まず、Windowsのタスクバーの右下部分にある
スピーカーの音量アイコンは「0%」になっていないでしょうか?

スピーカー本体とWindows、お使いのアプリケーションの
全ての音量設定を調節して確認されてみてください。

また、コントロールパネル⇒デバイスマネージャーで「オーディオの入力および出力」の
項目を開いて、正常に認識されているかをチェックしてみてください。

もし黄色のマークが付いていたら、一度デバイスを削除して
ジャックからプラグを抜いて、もう一度端子を差し込み直してください。

スピーカーの機器によっては専用のサウンドドライバの
ディスクをトレイに入れてインストールをしなければならないので、
専用のドライバが正常にセットアップできているか、ご確認ください。

またコントロールパネル⇒サウンドの項目で音量の設定を確認して、
通常と大きく異なる部分がありましたら設定を変更してみてください。

パソコン修理サービス会社は料金が安くまたサポートも良い場合も多いので、
中古製品の型番や破損の具合・お住まいの地域によって、
各サービスを一通り見て比較してみるのも一つの方法です。







パソコン修理とは? |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-161.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.