パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【壊れたハードディスクの内部データを復旧するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
壊れたハードディスクの内部データを復旧するには?
パソコンのハードディスクドライブ(hard disk drive)はPCパーツの中でも最も故障しやすく、
特に多い原因がディスクへのヘッド部分吸着による『ヘッドクラッシュ』という障害です。

カリカリ‥コトコト‥といった辺な音が鳴り出したら要注意です。

ほかに、水害・焼き焦げなどで完全に物理的に破損してしまったら、
今まで保存していたファイルやフォルダ、インストールしていたプログラムなど、
大切なデータが全部失われてしまい大変になってしまいます。

HDDの以外にも、データファイルの記録用IT製品にはCD-R/RW/ROM、DVD-R/RW/ROM/RAM、
BD-R/RE、MO、フロッピィディスク、Mini/microSDメモリーカード、マルチメディアカード、
USBフラッシュメモリ、SSD、xDピクチャーカード、PD、CF、スマートメディア、携帯電話、スマートフォン、
iPod、iPhone、レコーダー、オーディオ機器など、非常に沢山あります。

また、大規模なデータバンク(書庫)を管理・保管しているサーバやRAD、ワークステーション、
テラステーションなどの機械が壊れてしまったら更に深刻なダメージを負ってしまいます。

特にコンピューターに使用されるハードディスクは一度故障すると
そのまま修理するのは非常に難しく、特に個人ではほぼ不可能な程です。

そんな時のために『データ復旧』という修復サービスがあるのをご存知でしょうか?

データ復旧は他に『復元・修復・回復・復活・復帰・救出・リカバリー・サルベージ』
といくつもの呼び方があるのですが、基本的にはみな同じ意味です。

HDDが軽度に問題を起こしてしまい、確認の結果、OSの格納部分が破損したようで、
幸いデータ部分は生きているようなのでHDDを入れ替えて復旧させる予定で、
この場合デスクトップ上のデータの復旧は可能?またデスクトップ上のデータは本来、
どこに保存されている?というご質問について。

デスクトップ画面で表示されているショートカットアイコンなどは、ローカルディスク(C:)の
Documents and Settings(ドキュメントアンドセッティング)のユーザー名フォルダ
→デスクトップ、と出ているフォルダの中に保管されています。

この中身のファイルが無事で、別の種類のOSをご利用する、復旧業者に注文する、といった
何らかの方法で読み込みができればコピー&ペーストで他のデータ記憶メディアに移し変えて、
後に新しいハードディスクの同じ場所のフォルダに貼り付けをすることで、修復ができます。

アプリケーションソフトのアイコンはソフトウェアも、もう一度インストールしなおす必要があります。

物理的に壊れて完全に読み込みできなくなったHDDやMO・SDカード・USBメモリなどは、専門の
データ復旧センターにて、あらゆる記憶媒体のファイルなどを引き出して他のデータ保管媒体に
移し変えることで喪失したデーターを救出してもらえます。

パソコンの修理と一緒にファイルの復元が注文できるコンピューターサポート店も多く、
またより専門のデータ復旧サービスセンターでは、
持込や出張サポート、郵送受付などでデータ復元の依頼を注文することができます。







ハードディスクドライブ |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-16.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.