パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【OA機器を廃棄処分する前に行うデータ完全削除作業とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
OA機器を廃棄処分する前に行うデータ完全削除作業とは?
パソコン内部のファイルデータや外付けハードディスク、サーバー、Raid、
USBメモリ、SDカード、CD-R、DVD-R、MO、SSD、DATなど、
データやプログラムを保管している記憶装置が故障したり物理的に破損してしまい
使い物ものにならなくなってしまった時は、そのまま廃品回収や家電リサイクルに
出して廃棄処分する前に、セキュリティのために内部のデータを完全に消去して、
また貴重なファイルが書き込まれていた場合はさらに念を押して、痕跡も
全て除去する必要があります。

処分して手放す前に、それまでに保存していたファイルやプログラムを
全て消しておかなければ、万が一 悪質な第三者によって拾われて、
内部に残っていた個人情報や貴重な企業データ等が盗み見られてしまう
危険性があるからです。

また、たとえ削除をしていてもまだ痕跡が残っている場合が多いため、
データ復元ツールなどで修復できてしまうおそれもあります。そのため、
全ての記憶メディアは捨てる前に必ずデータ完全削除機能や専門のソフトウェア
などを用いて痕跡とともに全データを抹消しておくのが確実な処分方法です。

ただ、ディスクが半導体が物理的に破損しているなどでデバイスから
読み込めずに消去作業ができない事も多いですので、こういった場合には
専門のデータ完全削除サービスまたはハードウェアの破砕消去サービスにて
注文される事をお薦めします。







セキュリティ保護 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-125.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.